コンセプト SYB プレリティ タイプーR 380
トップアマの口コミなどで大ヒットしたPRELITY TYPE−Rがヘッド体積を20cm³UPして発売になりました。価格も¥12,000ほどUPしましたが、価格以上にシャフトがグレードアップされています。写真左:今回のヘッドは前プレリティのようにソールにタングステンも無くかなりシンプルなデザインになっています。写真中央:フェースはディープフェースになっていますが、見た目は前プレリティよりも若干シャロー?写真右端:構えた感じ380ccにしたは若干小ぶりに見えるかもしれません。竹林隆光氏の設計ですのでとても顔がよく、フェースはストレート、目標に対してとても構えやすいですね。フェースプログレッションを微妙に多くしてるので前プレリティよりも若干フェース面が多く見えます。
今回の基本的なスペックは下記の通りです。
クラブ長さ:45インチ (44.5〜45.25インチくらいまでなら無理なくバランスが取れると思います。)
クラブ総重量:318g
バランス:D2 (シャフト長さにもよりますがD0〜D3までならご希望のバランスに合わせられます。)
振動数:260CPM(最近のシャフトは全般的に振動数が低めですが、同じ中元調子のI-65が255CPM前後ですので結構しっかりしているのが分かると思います。しかし振った感じはI-65よりも楽に振れるようです。)
プレリティ タイプR380はキット販売なのでお客様の要望のスペックによって上記の数字は変わってきます。

シャフトのデザインは結構にぎやかですが、反対側はM-65、75と同じつや消しシルバーになっています。
今回のシャフトは純正でグラファイトデザインからの新製品、テンナインズ Bb-01が付いています。シャフト単体で¥31,500の商品ですので価格から考えるとかなりお買い得なドライバーになると思います。カタログによると「中元調子と高弾性繊維の使用により、ツアープロ・アスリートが求める適度なたわみ感とシャフトの走り、ミート率アップを実現」とあります。ゴルフダイジェスト社チョイス5月号でも紹介されていましたが、切り返しでグッと力が入るゴルファーは手元がしなる感じがありますが、インパクトでシャフトが遅れる感じはありません。シャフト自体はクセがなく先が暴れる感じがないので、おもっいきり叩けるようなシャフトです。同じグラファイトデザインのM-65、75ではシャフトが走りすぎると感じるゴルファーにはこちらをおすすめ致します。

グリップはフォーティーンのコードグリップが標準で付いています。またヘッドカバーもフォーティーンのJCドライバーと同じ生地のものが使用されています。

さて今回も多くのゴルファーに試打して頂きましたが、Sフレックスを使用したのでヘッドスピード43m/s以上の方を主に試打して頂きました。やはりクラブのターゲット的にそれ以下のヘッドスピードのゴルファーはつらいかもしれません。ただ普段はクラブの重みでスイングするというスインガーにはいいかもしれませんが。Rでも総重量が315gを超えてしまいますから。
さて、第一印象は前よりもボールが上がるということですね。フェースプログレッションの違いで前プレリティよりも全然ボールは上がりやすくなっています。前プレリティの9度は全くボールが上がらなかったですが今回は9度でもそこそこボールが上がるのではないでしょうか。しかし吹け上がることはなく前に前に飛んで行きます。あと、シャフトの特性だと思いますが左にいく感じがほとんどなくしっかり叩いていけるドライバーに仕上がっています。X-DRIVE 405 M-75 Xフレックスを使用している方に試打した頂きましたがプレリテイの方がひっかからないとのことでした。
今年のゴルフフェアでメーカーの方は、重心深度をやや浅めにしたのでインパクト音が甲高くなりヘッド自体のやさしさはそれ程前作と変わっていないと言っていましたが、インパクト音は低反発ドライバー特有の甲高くない心地よいインパクト音で、やはりヘッドが大きくなった分若干やさしくなったのを感じます。何人かプレリティを使用されていた方に試打して頂きましたが同じ様に感じられているようです。いい意味で期待を裏切ってくれました。
全体的にクセがないので幅広いゴルファーにおすすめ出来ると思います。はっきり言ってしまうと本家のJCプロトタイプ371よりも飛び、方向性もいいのではないのでしょうか。左が気になるコースで振りたいゴルファーにはおすすめします。特に前プレリティを使用している方は違和感な使えるのではないでしょうか。
早速コースで使用して頂きました。5/7UP !
購入して頂いたお客さんが早速コースで使用されたので、その方の感想を紹介したいと思います。使用してくれたのは北九州C.C.のハンディキャップ4の方で低反発ドライバーを探されていたところプレリティを試打してとても好感を持ち購入して頂きました。X-DRIVEとJC-305で検討していたのですがコストパフォーマンスとシャフト、構えやすさが決めてとなったようです。さて、コースで使用した感じはまず、ひっかかる気配がないとのこと。左を気にせず振り抜いていけるそうです。そして球筋はライナー性で吹け上がる様子はなく、ミスしてもそれ程大きく曲がることはなかったそうです。今回使用して頂いた方がハンディ4という事を考慮しても、今回のプレリティはかなりいい感じだと思います。