イオンスポーツ PRIDE H MONOCOQUE DRIVER
今年のイオンスポーツは2008年以降を見据えて低反発ヘッドで勝負してきました。丁寧なクラブ作りをしてくるところですので非常に興味があります。今回はHモノコック構造でヘッド剛性の性能向上をセールスポイントにしています。
ヘッド体積は430ccですがそんなに大きくは見えず、フェースもかぶっていないのでとても構えやすいですが、かなりのディープフェースなどから見た目がやさしいクラブではないぞ、と言っているようです。

プライド‘H’モノコックボディはF1などに採用されている軽量で剛性に優れたモノコック技術をドライバーに採用。430ccの大型ヘッドでありながら軽量化だけでなく、剛性性能の向上にも着目しました。インパクトエネルギーをロスなくボールに伝達することで、ボール初速の向上を図り、SLEルール適合モデルながらも高反発ドライバーと同等以上の飛距離性能を可能にしました。(カタログより)

HARD SPEC(S相当):重量/57g トルク/4.4 キックポイント/中元調子
LIGHT SPEC(R相当):重量/47g トルク/4.8 キックポイント/中調子
三菱レイヨン社と共同開発したプライドHモノコック専用シャフトを装着。素直なフィーリングとインパクトゾーンでの加速感をもたらし、オフセンターヒット時のクラブヘッドの挙動を抑え、コントロール性能に優れています。(カタログより)噂では先々発売予定のディアマナ50に近いシャフトとも聞いています。

まず結論から言ってしまえば、このクラブはハードヒッターが気持ちよく叩けるクラブだと思います。Rシャフトでもしっかりと正面で捕らえなければ低いスライスで飛んで、飛距離も出てくれません。ロフト10度でもボールが楽には上がってくれないのでどちらかというと叩いて前に飛ばすという感じです。多くの方が低めのスライスで飛んでいるのを見てXXIO MP300(ゼクシオの現行モデル)を思い出しました。ゼクシオの場合は超低重心、高反発なので低めのスライスに加えドロップが出ていましたが、プライドHは低反発の分ボールがドロップせずにころがって行きそうです。しかしゼクシオ同様、プライドHも正面でしっかりとボールを捕らえると中弾道の強い球が飛んで行きます。飛距離も出ている感じで、ランが結構でるのではないでしょうか。このクラブはRシャフトで打つくらいのゴルファーよりもSシャフトくらいで叩いた方がらしさ出ると思います。飛距離性能は決して悪くないと思うので中弾道の強い球が打ちたいゴルファーに勧めたいクラブです。しかしロフト選びは慎重にしてください。余程ボールが上がるゴルファー以外はロフト10度を選択されて問題ないと思います。