KAMUI PRO 430
今回の430は「大ヒットした320を超えろ!」を合言葉に開発されたと聞いています。カタログにも「スピード比(ボール初速/ヘッドスピード)1.5を突破。」とあり、最近脅かされている「飛びのカムイ」の代名詞を取り返しにきています。
ヘッド体積はプロVから40cc大きくなり、標準シャフト長さも45.5インチとなりました。(長さは自由度があり、メーカーに相談すれば43〜47インチまで選択出来ると思います。)ヘッドの色も大きく変わり濃いブラックになりました。これによりヘッド体積程大きく見えず締まって見えます。そして構えたときの顔が随分と良くなり「プロVの顔はどうも。。」というゴルファーにも受け入れられると思います。また、ソールのメッキ、そいてフェースまでも薄いゴールドとなり(嫌味のないキンキンキラキラのゴールドではないのがミソ)質感が今までのカムイと違いますね。
 
シャフトは相変わらずフジクラ製の先中調子のシャフトです。しなりの感じは前作プロVからあまり大きく変わっていないので、乗換えを考えているゴルファーはすんなり馴染めるのではないでしょうか。シャフト重量、トルクもあまり大きく変わっていないですからね。グリップは最近流行のソフトコードグリップです。コードグリップですがしっとりした握り心地です。
ヘッドカバーは随分とシンプルでスポーティーになりました。プロVのヘッドカバーは派手でしたからね。

さて、カムイ430ですがパッと見た目はやさしいアスリートドライバーの雰囲気を感じます。試打して頂く多くのゴルファーが顔の良さを評価していました。まずワッグルした感じは380以降のカムイのバランスと似ているように感じます。振りやすさは過去2作が高評価だったので今回のバランスも期待が持てました。それでは実際に試打して頂いて、みなさんの声と見た感じをまとめると、ヘッドサイズが大きくなった分ややつかまりがプロVよりも悪くなったかなという感じですが、インパクトポイントを前にとってもらうとみなさん球がうまくつかまっていました。(外見からは分からないですがつかまりを良くする為にヒール側にタングステンが入ってるそうです。)試打されている方からも「方向性がいいね。」という声が度々出ていました。試打して頂いていた当初は球が「やや上がり難いのかな」、と思ったのですが日を追うごとに数多く試打して頂きクラブが分かってくるとやや高弾道のいい球筋で飛んでいくことが分かりました。
プロVはタイフーンプロ380から比べるとややスイートエリヤが狭くなり380ユーザーからはあまり好意的に取られませんでしたが、430は380以上にミスヒットに対する許容範囲が広がっている感じがします。余程シャフトのしなりが変にならない限り大曲りすることはありませんでした。
次に打感ですが、カムイはヘッドにプロがよくやる発泡剤を使用しての打感向上を行っている為、カムイ独特の軟らかい打感と低い打球音が特徴ですが(この低いこもった音を嫌がるゴルファーもいますが。。)今回の430も同じく発泡剤を使用しているのですが、多少音も甲高く打感も硬く感じます。この為かインパクト後のボール初速がとても速く感じます。今まで打球音を嫌がっていた層にも430は受け入れられそうな感じです。
今回の430は久々の「このクラブいいね。」と言われるクラブに仕上がっていると思います。発売予定日から最終モデルが1ヶ月遅れるほど手直しをして発売しただけあり、シャフトがフィットすれば振りやすく飛距離も出る振ってて気持ちいドライバーに仕上がっていると思います。(個人的には試打して頂くと結構売れる予感がするのですが。期待です!)