ゲージデザイン ELDIK ACE
またまたゲージデザインがエルディックシリーズを発売しました。引っぱりますね〜。今回のこのモデルはフェースのアルミ部をシルバーにして回りを白で塗装している為構えたときにフェース面がよく見えてしまいます。これは気になる人ならない人がはっきり分かれます。写真じゃ分かりませんがフェースがよく見えるので気になる方は一番に指摘されますね。
ゲージデザインではこのパターはAUTOMATIC(システマチックにストロークしたいプレーヤー向け。)とMANUAL(感性優先のプレーヤー向け。)の中間に位置づけられたパターのようです。確かにこのパターはフェースバランスではないしヘッドもつや消しの黒で小ぶりに見えるのでどちらかというとピンタイプに近い感覚でストローク出来ます。
打感は軟らかいのですがインパクト時にとても重いボールを打ったような感じがします。フェースの関係だと思いますがインパクト時に‘ズシ’と重い感じが伝わります。ころがりはよさそうですが、やはりミスヒットしたときには結果がすぐ出るような感じです。2ボールパター径の大型ヘッドよりもやはりピンタイプのコントロール型パターに近いような感じです。ゲージデザインの狙い通りシステマチックに打てる形状をしているのだけれどもピンパターモデルの様に感性で打てるパターに仕上がっていると思います。
バックフェースのデザインが変更されてますね。シンプルな感じになりました。
パターカバーは普通な感じですね。もう少し高級感が欲しかったですね。贅沢か?