ホンマ 4軸シャフト アーマック
マミヤOPが4軸シャフトAXIVを出して本間のアーマックが4軸シャフトを世に広めた感じですが、同じ4軸シャフトAXIVを使用する自分にとっても違いに興味があります。そういえば片山 晋吾も一時期アーマック使用していましたね。ホンマのヘッドは420や460ccばかりですがシャフト先端は全て8.6mmですね。最近の大型ヘッドのシャフトはねじれを抑える為にほとんど9mmTIPなのですがアーマックにはありません。よほど先端のねじれが少ないのでしょうか。本当は片山が使用した60g台の864に興味があったのですが今回は851と856をレポート致します。丁度AXIVを使用されているお客さんも2名おられたので私も含めてAXIVとの違いもレポートしたいと思います。

まず856の方ですがR,S共にパリッとした感じですね。トルクは4.6とそこそこあるのですがRでもしっかりした感じです。トルク的に近いAXIV6064(トルク4.2)と比べると856のSは叩いてやらないと飛ばない感じで、AXIVはインパクトで待ってしなり戻りで飛ばしていく感じです。その方がAXIVは飛びますね。これは皆さん共通でした。856はインパクトで叩いてやった方が強い球が出るようです。あと全体的にねじれが小さいのは感じます。ある程度ミスヒットしても大きくボールが曲がることはなかったですので確かに方向性はいいようです。
メーカー希望価格¥47,000   クラブチョイスネット特価はお問い合わせ下さい。

851はどちらかというとAXIVに近いフィーリングでしなってくれます。全体的に滑らかなイメージでシャフトもある程度走り気持ちよく振れます。タイミングが取りやすいというか切り返しのタイミングが分かりやすいというかなかなか絶妙です。ヘッドスピードの速い、遅い関係なく多くの方が振りやすいと言っていたシャフトです。叩いてよし、ゆっくりスイングしてよし、の最近のシャフトの中でもかなりの好印象です。これの60g台があれば個人的に欲しいな〜。でも高いな〜。
メーカー希望価格 ¥60,000   クラブチョイスネット特価はお問い合わせ下さい。

ついでに864もご紹介しておきます。
メーカー希望価格¥42,000   クラブチョイスネット特価はお問い合わせ下さい。