BASSARA Hybrid

バサラ ハイブリッド
「超微細均質コンポジット構造」によりヘッド機能を邪魔しない動きを実現しながらも、入射角を適正にし、ロフト通りの弾道を実現
できます。アイアンよりも弾いて、ウッドよりもおとなしい。
その絶妙な味付けがハイブリッドとしての機能を最大限引き出します。的確な弾道と確実な飛距離を約束する次世代ハイブリッド用
シャフトです。
硬さ 長さ
(mm)
重さ
(g)
先端径
(mm)
トルク キックポイント
1067 72 9.10 3.1
1067 63 9.10 3.2
 
お客様のも含めていくつか組んでみましたがアベレージゴルファーにはぴったりのシャフトだと思います。
とりあえずエポンのAF−901 19度 25度と挿してみました。スペックは下記の通りです。シャフトフレックスはすべてRとなっています。

19度 長さ:40.25インチ バランス:D1 クラブ重量:347g 振動数:262cpm
25度 長さ39インチ バランス:C9.5 クラブ重量:353g 振動数:263cpm

フレックス:Sはクリーブランド ハイボアXLS ハイブリッド25度に挿してみました。

長さ:39.5インチ バランス:D2 クラブ重量:359g 振動数:270cpm
フレックス:Rは結構やわらかくヘッドスピード38m/s程度の方から難なく使用出来ていました。エポンのヘッドがやさしいのもあると思い
ますがドライビングアイアンなんか打てないというシニアの方からも「打ちやすい。」と言われるくらいベストマッチで現在この組み合わせは
ショップの方で結構出ています。

フレックス:Sもそれほど硬いという訳でもないがフニャフニャしてもいないのでアイアンのシャフトが軽量スチール、もしくはカーボンの硬さ:
Sを使用されているゴルファーにはぴったりかと思います。

シャフトのしなりに癖がないので体が自然にタイミングを取り、適度にボールを捉えてくれるのでユーティリティを楽に打ちたいというカーボン、
軽量スチール使用ゴルファーにはとてもおすすめのUTシャフトです。

アイアンに100g以上のシャフトを使用されている方は同じミツビシレイヨンのディアマナ サンプ ハイブリッドの方をお勧め致します。