切り返しからゆっくりとしなりを感じタイミングがとりやすいシャフトです。大きなしなりながら先端の剛性コントロールにより、高い方向性
と剛性コントロールにより、高い方向性と剛性感を両立しました。軽量シャフトの最大のメリットである飛距離性能のポテンシャルを最大
限に引き出す設計です。高い飛距離性能と、軽量シャフトらしからぬ剛性感がミックスした新世代軽量シャフトです。
品名 Flex 長さ
(mm)
重量
(g)
テッィプ径
(mm)
トルク キックポイント
BassaraH 53 1168 55 8.55 4.2 中元調子
1168 54 8.55 4.2
LITE 1168 51 8.55 4.3
BassaraH 43 1168 49 8.55 5.5 中元調子
1168 48 8.55 5.5
LITE 1168 47 8.55 5.6
試打にはエポン AF−101 10.5度 フェースアングル+0.5のヘッドを使用しました。組み上げ後のスペックは下記の通りになりました。
長さ:45.25インチ バランス:D2 総重量:306g 振動数:230cpm

少しバランスを出し過ぎましたが実際には45インチ バランス:D0程度がこのクラスを使用するゴルファーにはぴったりでしょう。

と、いうことでヘッドも効いて重く感じるのでわざとフレックスを隠してヘッドスピードが早めのお客様に打って頂きました。
最初はやはり軽いのと柔らかいので少し打ちにくそうでしたがタイミングの取りやすいシャフトのせいか皆さんすぐに合わせることが出来てました。

特にタイミングを合わせるのが上手な方は非常に大きな弾道で飛ばしていました。打っているうちに「俺もRでいいのかな?」と錯覚されるくらい打ち
やすく感じる方もおられました。

このように打ちやすいシャフトはフレックスが自分のスイングに対して硬め、柔らかめでも何とか打ててしまうものです。
 
次にフレックス:Rを打つゴルファーが打ちやすく感じるスペックにする為にエポンよりもヘッド重量が軽めのアキラのヘッドに挿して試打をして頂き
ました。試打クラブのスペックは下記の通りです。
長さ:45.25インチ バランス:D0 総重量:302g 振動数:233cpm

ワッグルしたときから明らかに軽くなり振りやすさが増したのが分かります。ヘッドスピード40m/s前後の方中心に試打をお願い致しました。

皆さんボールがまっすぐ飛ぶ飛ばないに関係なく振りやすいと感じるシャフトのようで打っているうちにタイミングが合いそれ程大きな曲がりなく打た
れていました。

前作のバサラ ファルコン(青)よりも振動数は同じくらいなのですが柔らかく感じ、タイミングが取りやすいせいかそれ程大曲な球を打つ方は少なかっ
たです。

但し、しなりに関係なくひたすらボールを叩く方はスライスの擦り球になっていました。

感触的にはややしっかりしたバサラ ファルコンが青マナに近いのに対し手元が柔らかいバサラ ホークはアリスレイの軽量版といった感じでしょうか。

リズムで振られるゴルファーで重いクラブはつらいという方におすすめする万能シャフトです。