全体がしなるようなオーソドックスなフィーリング。大きなしなりがタイミングをとりやすくしミート率を上げ、先端の鋭さが大きな飛距離を生み出します。ソフトなしなり感としっかりとしたインパクトフィールを融合させた新世代軽量シャフトです。
品名 Flex 長さ
(mm)
重量
(g)
テッィプ径
(mm)
トルク キックポイント
BassaraF53 1168 55 8.55 4.4 中調子
1168 54 8.55 4.5
LITE 1168 51 8.55 4.5
BassaraF43 1168 49 8.55 4.9 中調子
1168 48 8.55 5.0
LITE 1168 46 8.55 5.0
メーカー希望小売価格 ¥31,500(税込)(本体価格 ¥30,000)
特価¥26,000(税込、工賃込)
*ツアーベルベットラバー グリップサービス その他、ご希望のグリップがある場合はお見積もりフォームよりお問い合わせ下さい。
お見積もりはこちらから
お問い合わせはこちらからお願い致します。

シャフトのデザイン、表、裏です。なかなか凝ったデザインになっておりディアマナ同様メタリック塗装になっています。
フレックス:Rでつかまりの悪い大型ヘッドとの組み合わせでどれだけシャフトがぶれないか調べるためにナイキ サスクワッチ 10.5度のヘッドを使いテストしました。詳しいスペックは下記の通りです。ヘッドはUS仕様の為、若干総重量が上がっています。
長さ(インチ) 44.75
総重量 312g
バランス D1
振動数 229cpm
上記スペックの通り振動数はかなり低い数字ですがワッグルした感じは‘ぶよん、ぶよん’ではありません。

シャフトがRということでヘッドスピード40m/s前後のゴルファーを中心に試打をお願い致しましたが「ワッグルすると柔らかいが打つと芯がある」という感想が多かったです。

しかし、基本的にスライサーには辛いシャフトになるのではないでしょうか。体の正面でしっかりインパクト出来るゴルファーには左に行きにくい素直なシャフトと好評でしたが、やや擦り気味のゴルファーにはヘッドの関係もあり擦り球のスライスが多かったですね。

基本的には青マナの軽量版という感じでしょうか。

インパクト時にクセ無くシャフトが戻り叩いた分だけボールを飛ばせるシャフトです。

最後にシングルクラスの方、数人に叩いてもらいましたが、フレックス:Rでシャフトは柔らかいがインパクトで負けるような感じは無いというのが共通の感想でした。

青マナは好きだけれど73、63は少しきつく感じるというゴルファーにおすすめ出来るシャフトだと思います。