時代が求めたディスタンス系ラージアイアンSuper Aermet RG iron
フェースが全面1.8_と薄く、30%も広い。だから飛ぶ。
超合金アーメット鋼にしかできない1.8_という驚異の極薄フェースを採用。しかも従来のアイアンに比べ約30%もフェースのワイド化にも成功しました。薄くて、広いアーメットフェースが確実に初速をアップさせ、飛距離を伸ばします。
大きいのに、すっきり見える。スタイリッシュなラージです。
ヘッドのワイド化により、やさしさの目安であるヘッド周りの慣性モーメント値は、世界最大クラスの2,923gcu。どなたでも方向性のよさを実感できます。しかも今までのイージー&ディスタンス系アイアンの不恰好さを払拭。気分は上級者です。
すわりが良くて、ヌケがいい。進化した飛びアイアン。
アイアンの良し悪しは、ソールの形状にあるともいわれています。ルーツが独自に開発した三日月ソールの採用で、ラージ&イージー設計のヘッドでありながら、スッキリ構えられ、上級者アイアンのようなヌケの良さを実現しました。
ヘッド仕様
ヘッド素材 #3〜PW フェース:アーメット310鋼/ボディ:特殊ソフトステンレス
/ソフトブラックメッキ
AW,AS,SW 特殊ソフトステンレス/ソフトブラックメッキ
ヘッドデータ(5番) 重心距離:41.5o/重心高:21.5o/フェース高:50o
重心深度:5.0o/重心角:12.3°/慣性モーメント:2923gcu
商品仕様
シャフト
オートキックシャフト
番手 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #PW #AW #AS #SW
ロフト角(°) 18.5 21.0 23.5 26.5 30.0 34.5 39.0 43.5 48.0 52.0 57.0
ライ角(°) 59.5 60.0 60.5 61.0 61.5 62.0 62.5 63.0 63.5 63.5 63.0
ヘッド重量(g) 245 250 255 261 267 273 279 286 292 297 302
シャフト重量(g) 52 53 54 55
グリップ重量(g) 48
総重量(g) 350 355 360 366 372 378 385 392 399 404 409
長さ(インチ) 39.0 38.5 38.0 37.5 37.0 36.5 36.0 35.5 35.25 35.0 35.0
バランス C9 D0 D0 D2
トルク 4.3 4.2 4.1 4.0
硬さ (R2) (R) (S)
価格(税込) 1本 \28,140 6本セット \168,840 1本 \22,050

シャフト
N.S. PRO 950GH
番手 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #PW #AW #AS #SW
シャフト重量(g) 93
グリップ重量(g) 48
総重量(g) 390 395 400 405 410 416 423 430 435 440 445
長さ(インチ) 38.75 38.25 37.75 37.25 36.75 36.25 35.75 35.25 35.00 34.75 34.75
バランス D0 D1 D1 D3
トルク 2.0
硬さ (R) (S)
価格(税込) 1本 \20,790 6本セット \124,740 1本 \15,750

シャフト
レディース オートキックカーボンシャフト
番手 - #4 #5 #6 #7 #8 #9 #PW #AW #AS #SW
シャフト重量(g) - 52
グリップ重量(g) - 46
総重量(g) - 351 356 362 368 374 381 388 395 400 405
長さ(インチ) - 37.5 37.0 36.5 36.0 35.5 35.0 34.5 34.25 34.0 34.0
バランス - C3 C4 C4 C6
トルク - 5.5 5.4 5.3
硬さ - (L)
価格(税込) - 1本 \28,140 5本セット \140,700 1本 \22,050

*#7Iを構えた時の写真になります。
ぶっ飛びアイアン ルーツの最新モデル、RGアイアンは最近のルーツのモデルからいうと見た目が若干シックな感じになっています。ヘッド自体も若干大きくなりよりやさしく飛ばせるようになりました。もともとルーツは最近では当たり前の#3Iで39インチ合わせですが、実際にはそれよりも約半インチ長いので身長が160cm前後のゴルファーにはライ角的に辛いアイアンでしたがこのモデルからボディにソフトステンレスを採用しロフト角、ライ角調整が可能になりました。(ロフトはこれ以上立てる人はいないと思いますが。。。)
*左が#5I、右が#9Iになります。ロフトが立っているのがわかりますか?
少し分かりにくいと思いますがソール、リーディングエッジ部分はヘッドの抜けをよくするためにカットされています。インパクトで加速するカーボンシャフトとの相乗効果で確かにヘッドがよく走ります。
私のショップが入ってる練習場はかなりのルーツユーザーがおり、「ルーツは飛ぶ」という認識があるので最近では試打して頂いてもそれ程驚かれなくなりました。歴代のモデルを使用されているお客さんに試打して頂くと、それ程大きな違いを感じないようですが若干やさしくなっているとの感想は頂きます。基本的には正常進化させようで、シャフトの動きもルーツらしくインパクトでしっかりボールをつかまえてくれます。ロフトがこれほど立っていてもしっかりとボールを上げてくれるので大きなキャリーボールで飛距離を出してくれます。また、旧式モデルは弾きが良すぎてグリーンでなかなかボールが止まらずに、グリーン奥まで転げていくことが多かったのですが、最近の歴代3作は高いキャリーボールでしっかりとグリーンでもボールが止まるようです。
カーボンシャフトモデルは打ち込むスイングよりもきれいに払い打ちしたほうが距離にばらつきがないようです。最近購入されたシングルさんはもともと打ち込みスイングでしたがルーツRGアイアンは払い打ちした方が距離のばらつきがなくきれいなキャリーボールで飛んでいくとのことでした。今まで使用されてたアイアンよりは確実に1番手飛ぶとのことでした。このモデルに限ったことではないですがルーツを初めて使用する最初の数ラウンドはほとんどの方は何ホールかは必ずグリーンをオーバーするか、飛ぶのは分かっているのだけれでも1番手落として打つ勇気がなく今まで通り同じ番手で軽く打とうとしてチョロやトップボールを打ってしまう方が多いです。最初は距離を合わせるのに少し時間がかかるかもしれませんが慣れてくれば大きな武器になるアイアンです。#7で130ヤードくらいしか飛ばない飛距離の欲しいゴルファーや飛びで同伴競技者をびびらせたいゴルファーにおすすめです。