ロマロ
460HX BLACK DRIVER
460HX ブラックドライバー

シンメトリー・クロスコア・フェイス

フェイスの中心部から上下左右対称に肉厚を
変化させ、芯を外しても飛距離ロスを抑え、
高反発エリアを拡大する鍛造フェイス。

新設計!ハーモナイズド・フィン・
システム ※

ヘッド剛性を高め、インパクト時の衝撃を吸収し、
効率よく飛びにつなげる新システム。ロマロ
独自のバックフェイス下部の剛性を高める
「ロマロ・パワー・リブ」やインパクト・ロスを
最小限に抑える「パワーフレーム構造」との
相乗効果で、飛球方向へ強く押し出す力が
さらに増大し最大飛距離を実現。心地よい打感と
打球音はまさにロマロ・サウンドを生み出す。
※ハーモナイズド フィン システム:
羽根状の6本のリブで円形に形作った独自の新システム

HXウエイト

打ち出し方向とスイートスポットの延長線上の
ソール内部に2.5gのアルミウエイトを内蔵。
最適な重心位置とエネルギー効率の良い
インパクトを可能にする。

クラウン部の偏肉厚設計

クラウン中心部が薄く外周にいくにしたがって厚さが増す偏肉厚設計。ヘッドの
肉薄化・軽量を図り、初球を落とさず高い打ち出しでより強い弾道を実現。

ヘッド・素材・製法 SAT2041チタン・鍛造フェイス、6-4チタン・精密鋳造ボディ(2ピース構造)、
アルミウェイト装着、ブラックIP加工
ロフト(度) 9 10 H.T
ライ(度) 60 60 61
体積(cm3) 460
フェイスアングル ストレート ストレート ややフック
ブラックIP加工された質感のあるヘッドです。ヘッドの中身も細部にわたりこだわった作りですが見た目もしっかりと作りこまれて
いる印象です。
フェースは結構ディープなSAT2041鍛造チタンフェースで打感はやや硬めの弾き感のあるものです。
ディープなフェースですがヘッド後方がそれほど高くないので投影面積はそれなりに大きく安心感のあるヘッドサイズになってます。

構えた感じはカタログ上ストレートなっているフェースアングルは若干ボールを包み込んでいくような形状になってます。
 さて、このヘッド構えた時は大きく見えるのですがこのサイズにしてはヘッドの動きが軽くシャープに振ってもヘッドが開いてくる感じがあまりありません。
かといって小ぶりの420cc前後のヘッドのようにスパーンとヘッドが返ることもないとてもニュートラルな動きをするヘッドです。

シャフト選びにはそれほど気を遣わなくてもいいようです。

練習場やコースでお客様と一緒に打った感じではロフト10度でも吹きあがらずに中弾道で飛んで行き、見た目で低スピンと分かる飛び方です。
インパクト直後からは素直にボールは上がってくれるのですがある程度の高さからは水平に前に前に飛んでいきます。

初速が速く低スピンなのですが低スピンヘッドによくあるクラブが合わない時やミスショット時の大きなボールのドロップはないようです。
(フェース面までブラックIP加工にしなかったからかな?)

実戦試打後、コース練習場(ボールの落下地点までみえるところ)で当店の試打マシーンYさんと他のクラブと打ち比べたりしましたが飛距離性能は高い
ようです。

打感が硬いというコメントが上がるのですがボールの飛び様や打った時のフィーリングが「飛んでいる」という雰囲気が醸し出されるクラブですのでお客様
から頂く声は概ね好評です。

普段からドライバーのスピン量の多い方は飛距離が伸ばせるヘッドではないでしょうか。

とはいってもヘッドは別にハードヒッター向けというわけでもないので幅広いタイプのゴルファーにお薦めできるヘッドに仕上がっています。