ロッディオ  
       
   ロッディオ ユーティリティ  
       
 
  

RODDIOのユーティリティヘッドには、高性能シャフト「I-Series」の性能を最大限に引き出すための
設計が至る所に施されています。飛距離、高弾道、高スピン等、ユーティリティに求められるすべ
ての要素がハイレベルで達成されている高性能ユーティリティヘッドです。

ロフト角[ ° ] 21※1 24※1 27 30
ライ角[ ° ] 59.0 59.5 60.0 60.5
ヘッド重量※2[ g ] 227 233 239 245
ホーゼル内径 9.15mm(パラレル)
ホーゼル深さ 32mm
素材 本体(フェース含む):6-4チタン ソール:タングステン合金
ウエイトスクリュー:チタン合金(4g)、タングステン合金(10g・16g)

※1 21°および24°のヘッドは、スピン性能を高めるために旧溝ルール適合の彫刻加工が施されているため、
   これらのヘッドをロフト角25°以上に調角した場合は新溝ルール適合外クラブとなりますのでご注意下さい。
※2 ヘッド重量は標準ウエイトスクリュー(4g)装着時の数値です。

  ヘッドの詳細はメーカーサイトを参照下さい。
http://roddio.com/product-utility/
 
       
     
 
ロッディオのシャフトはドライバー、アイアン同様パーソナルカラーオーダー可能です。
写真にあります純正ヘッドカバー付属してきます。 
 
       
 
フジクラ
日本シャフト
SYB K’sシリーズ
ミツビシ
MCH 50,60,70,80,90
N.S.PRO 950GH UT
N.S.PRO HYBRID
N.S.PRO 850GH
K's-4001 T120
K's-6001 T100
 K's-Hybrid
Diamana Thump Hybrid
BASSARA Hybrid
Fubuki Hybrid
コンポジットテクノ
グラファイトデザイン
Mamiya
バシレウス
ファイヤーエクスプレス プロト UT
ツアーAD UT
ATTAS ハイブリッド
バシレウスUT
 
       
 
ロッディオや上記以外のシャフトでも対応可能ですのでお問い合わせ下さい。
ご希望のシャフト、グリップでの価格は下記のお見積りフォームよりお問い合わせ下さい。
■ご希望のシャフトでのお見積り・特価のお問い合わせはこちらからお願い致します。
ご注文もこちらより受け付けております。
ご不明な点はこちらのメールからお気軽にお問い合わせください。
 
       
     
       
 
数年前まではユーティリティでチタンというのは考えられませんでしたがロマロさんのチタンUTが火付け役となり最近では普通に認識さらるように
なりました。

このヘッドは写真のように分割されて出来ておりボディはチタン、ソールはタングステンになっております。 
 
       
     
       
 
ヘッドの塗装の仕方は好みがあるかと思いますが形状自体はとても構えやすいものです。座りもいいのでスッと構えられます。
 1/5更新
さて、実際にお客様と打ってみた感じは構えた時の顔つきからくるイメージ通りでしっかり振りに行っても吹き上がることなく前に
飛んで行きます。

ボールは普通に上がりますが上に行くというよりは前に飛んで行きます。

ボールを包み込んでくれるようなロマロのユーティリティと比べると左に行きにくそうな顔つきで掴まり感に不安を感じる方もおられ
ましたが打って頂くと問題なくボールは掴まっておりました。

ロフト20度以上あるユーティリティは長いショートなどでティーアップすると引っかかるイメージがある方などは安心して構えられる
ヘッドだと思います。

アマ大会で実績もあるいつも練習しているプロ志望の学生にも打って頂きましたがしっかり振って行けるのでその分距離も出て
いるようでした。ダンロップ契約の子ですのでこのようなチタンUTがないのでこのRODDIO UTの飛びに
「めちゃくちゃ飛びますね。」と言ってしばらく離しませんでした。

打感は弾き感のあるものでさらに飛んでいる気分にさせてくれます。

ユーティリティでも飛ばしたいという方にお勧めですが、たまにおられるFWがどうしても駄目だがアイアンやUTなら大丈夫という方にはお助
けクラブになってくれると思います。

ロッディオの純正シャフトにも触れておかなければなりません。他のシャフトをご希望されてもヘッドにクセがないので問題ありませんが
シャフトもロッディオという方、特にI−6の軽いシャフトをご希望される方は注意が必要です。

アイアンシャフトをそのまま流用しておりI−6,7,8,9,10とあります。

シャフトの動きは扱いやすいもので試打して頂いても打ちにくいという声はほとんどありませんがシャフトがややカチッとしたフィーリングです
ので重量のある80g以上はシャフトに肉厚もありそれほどは感じませんが軽いI−6などはRフレックスでも手元がやや硬く感じます。

もし、軽めのシャフトで手元にゆるさが欲しい方はご連絡下さい。実際にお話を聞いて一緒に選んで行きたいと思います。