Cgs オライオン  
       
  SPY-1 WED TYPE-S,TYPE-G   
 
   
兵庫県の姫路地区の鍛造、成形技術と新潟県燕三条地区の金属研磨技術
を融合したゴルフクラブ。「姫路だからできる鍛造、成形技術」
「燕三条だからできる磨きの技術」お互いの得意分野を惜しみなく具現化した
商品。
・素材:軟鉄 
・製法:鍛造 
・仕上:・メッキ 銅下+ニッケルクロムサテン仕上げ(バックフェース ミラー仕上げ)
     ・ノーメッキ サテン仕上げ(バックフェースのみミラー仕上げ) 
 SPY−1 WED TYPE−S
ロフト角 46° 48° 50° 52° 56° 58°
ライ角 63° 63° 63.5° 63.5° 64° 64°
バウンス 10° 10° 10° 10°
重量(±1.5) 294g 296g 296g 296g 300g 300g
 SPY−1 WED TYPE−G
ロフト角 46° 48° 50° 52° 56° 58°
ライ角 63° 63° 63.5° 63.5° 64° 64°
バウンス 10° 10° 12° 12°
重量(±1.5) 294g 296g 296g 296g 300g 300g
 
 
       
 
ご希望のシャフト、グリップでの価格は下記のお見積りフォームよりお問い合わせ下さい。
■ご希望のシャフトでのお見積り・特価のお問い合わせはこちらからお願い致します。
ご注文もこちらより受け付けております。
※下記以外のシャフトも受け付けております。詳しくは上記のフォームでお問い合わせ下さい
ご不明な点はこちらのメールからお気軽にお問い合わせください。
 
       
 
トゥルーテンパー
日本シャフト
K's 島田スチール
KBS
ダイナミックゴールド
DGスピナー
プロジェクトX
N.S.PRO 950GH
N.S.PRO 1050GH
WVシリーズ
K's-wedge HW120
K's-wedge HW110
K's-Tour
KBS Hi Rev
KBS TOUR
KBS 610ウェッジ
 
       
     
       
 
タイプS 58度になります。メッキのレベルはかなりのものでとてもきれいな仕上がりになってます。

ソールのトゥ、ヒール部を削り落としあらゆるライに対応「ピンに向かってクラブを意のままに操る」アスリート向けウェッジ  
 
       
     
       
 
タイプSはティアドロップ型を採用。フェースからネックまでのつながりを重視し「クラブが腕の一部分」のイメージに設計。 
 
       
   
       
 
タイプG 58度になります。幅広ソールを採用。クラブの特性を最大限に生かす「よりオートマチックにクラブに仕事をさせる」
オールラウンド型ウェッジ。 
 
       
     
       
 
 TYPE−Sの形状を継承しながら、より安心感のあるイメージ。リーディングエッジはややストレートに仕上げ、フェースをターゲットに
合わせやすく、方向性を出しやすいモデル。
 
       
   
       
 
TYPE−S 52度になります。 
 
       
 
上の写真で分かる通りヘッドは小ぶりになります。実際に打ってみるとよく分かるのですがとてもヘッドの動きが軽くボールを色々と打ち分けられたい
ゴルファーにはコントロールしやすいヘッドだと思います。

アイアンでいうとマッスルバック的なヘッドの動きですのである程度自分でヘッドの動きをしっかりとコントロールしてやる必要があります。

ヘッドの動きが軽いということでセミストロングくらいの中型サイズのアイアンを使用されている方にはアイアンと同じ流れで同じようなバランスにすると
少しヘッドが軽く感じてしまいます。

アイアンよりは10〜20g程度シャフト重量を上げてやった方がタイミングが合いやすいのではと思います。

ただ、アイアンがマッスルバック、もしくはそれに近いハーフキャビティアイアンでしたら同じ流れで組んでも振り心地に違和感が出てこないでしょう。

タイプG、タイプSともにヘッドの抜けがよくバンスの数字はある程度ありますがローバンスヘッドで打っているような感触で抜けて行きます。

ただ、バンカーではバンスが仕事をしているのを感じれてサクッと抜けてくれるので難しさは感じません。

打感も私の取扱いしているウェッジの中でも1〜2番の柔らかさで芯で打った時はとても気持ちがいいですね。

ショートゲームでいろいろと技を駆使して攻めたいというゴルファーには最適なヘッドです。