C-HT911  
       
 
 
番手 ロフト ヘッド重量 ライ角 FA 容積
#3 19° 233g 59° ±0 118
#4 22° 238g 59.5° ±0  118
#5 25° 243g 60° ±0  118
 
ボディ/6−4チタン鋳造
フェイス/DAT55G
 
       
 
フジクラ
日本シャフト
RODDIO
ミツビシ
MCH 50,60,70,80,90
N.S.PRO 950GH UT
N.S.PRO HYBRID
N.S.PRO 850GH
Iシリーズ
Diamana Thump Hybrid
BASSARA Hybrid
Fubuki Hybrid
コンポジットテクノ
グラファイトデザイン
Mamiya
バシレウス
ファイヤーエクスプレス プロト UT
ツアーAD UT
ATTAS シリーズ
バシレウスUT
 
       
 
上記以外のシャフトでも対応可能ですのでお問い合わせ下さい。
ご希望のシャフト、グリップでの価格は下記のお見積りフォームよりお問い合わせ下さい。
■ご希望のシャフトでのお見積り・特価のお問い合わせはこちらからお願い致します。
ご注文もこちらより受け付けております。
ご不明な点はこちらのメールからお気軽にお問い合わせください。
 
       
     
       
 
ヘッドのデザインは同じチタンのFW、C-HT511と共通ですね。チタンはチタン、ステンはステンでデザインを統一しているようです。

ヘッドサイズは大き過ぎず、小さ過ぎずでミステリーらしくオーソドックスできれいな仕上がりです。 
 
       
     
       
 
フェースはDAT55Gで乾いた弾き感のある打球音で打っていて気持ちのいい音です。

ヘッド形状は同じミステリーのC-HT811より若干丸顔になっておりボールの掴まりがよさそうな見た目になっております。 
振った感じは同じミステリーのC-HT811と同じような感じでボールは楽に掴まるけれど合わないシャフトを挿さない限り左に行く不安はありません。

ヘッドはフルチタンということですが他に特別な仕掛けがある訳ではありません。しかし基本に忠実に出来ているのでクセがなく幅広いゴルファー
にお勧めできます。

チタンではないC-HT811の22度と比較して打つとやはりチタンだけあり911の方が飛距離は出てくれております。
打球音も弾き感がありボールも大きく飛んで行くので練習場で打っていても楽しいヘッドです。

すでにご購入されたお客様からはコースではより気持ちいクラブと言われました。パシーン、という打球感がいいようです。

目立つような特徴がないので説明するのが難しいですが本来のUTの機能を忠実に発揮してくれそうなヘッドです。