C-HT811
番手 ロフト ヘッド重量 ライ角 FA
#3 19° 233g 59° ±0
#4 22° 238g 60° ±0
#5 25° 243g 61° ±0
ボディ:17−4ステンレス
フェース:マレージング鋼
フジクラ
日本シャフト
RODDIO
ミツビシ
MCH 50,60,70,80,90
N.S.PRO 950GH UT
N.S.PRO HYBRID
N.S.PRO 850GH
Iシリーズ
Diamana Thump Hybrid
BASSARA Hybrid
Fubuki Hybrid
コンポジットテクノ
グラファイトデザイン
Mamiya
バシレウス
ファイヤーエクスプレス プロト UT
ツアーAD UT
ATTAS シリーズ
バシレウスUT
上記以外のシャフトでも対応可能ですのでお問い合わせ下さい。
ご希望のシャフト、グリップでの価格は下記のお見積りフォームよりお問い合わせ下さい。
■ご希望のシャフトでのお見積り・特価のお問い合わせはこちらからお願い致します。
ご注文もこちらより受け付けております。
ご不明な点はこちらのメールからお気軽にお問い合わせください。
前作C-HT711よりもデザイン、形状ともに洗練されてますね。フェースはより弾きのいいマレージング鋼に変更されヘッド重量もやや軽くなり同じロフトの
C-HT711よりもクラブ長が半インチほど長くなります。
C-HT711はクラブ長さがまったくアイアンと同じような長さで製作できたのでそのままアイアンの代わりとして使えましたがユーティリティとしてはもう少し
距離が欲しかったと感じる時がありました。今回のC-HT811は飛距離面では申し分ありません。
構えた時の形状もよく、程良い大きさで難しさを感じさせません。とても幅広いゴルファーに使って頂けそうなヘッドです。性能に対してのコストパフォーマンスも
高いので多くの方におすすめできそうです。
さて、実際にお客様にも試打して頂きました。こちらから見た印象やお客様からの感想ではとてもオーソドックスですが打ち手を選ばず自分に合うシャフトを挿せ
ばロフト通りの距離を簡単に出せそうなヘッドだということです。

少し前ですが店頭でバカ売れで現在も多くの方が手放さずに使っているUTがあります。それはクリーブランドのハイボア ハイブリッドです。

廃番になってからもしばらく別の番手や口コミで購入したいとお問い合わせを頂きました。特別飛ぶわけでもなかったのですがとにかく打ちやすく打った時の感触
もよかったのでコースでうまく打てると、とてもうまく打てた気分にさせてくれるクラブでした。

このヘッドはそれに近い感じのヘッドです。打球感もマレージングフェースらしく適度な弾き感があり飛んでいる気分にさせてくれます。

うまくスイングにマッチさせてやればアイアンの延長線上でやさしく使えるUTになってくれると思います。