カムイ TP-03 タイフーンプロ
カムイプロ

カムイ TP−03 タイフーンプロ
純正BUTT4軸設計シャフト定価 ¥84,000

特価¥67,000(税込、送料込)
シャフトフレックス ロフト
カムイTP−03についてのお問い合わせはこちらからお願い致します。
販売終了

もっとカンタンにもっと飛ばす。
カムイのDNAを受け継ぐ、タイフーンプロ<TP-03>
@飛びと打ちやすさを両立、プラズマ溶接+シンメトリーフェース
上下左右対称の楕円型フェースをプラズマ溶接することにより、フェース重量を軽減、重心深度も深くなり、フェース全域の反発性能をアップします。
Aボールが掴まりやすいショートインセットホーゼル
ホーゼルを従来よりインセットに設定することで重心距離を短く、大型ヘッドにありがちなヘッドの遅れを解消。また短く軽量化することでネック廻りの慣性モーメントをセーブし、ボールの掴まりと操作性を高めます。
B飛びと方向性を追及した広反発重心設計
重心距離を短くし、一番飛距離の出るフェース面上重心からややトゥ側上方と見た目のフェースセンターを一致させ、1発の飛距離はもちろん、平均飛距離、方向性も向上します。
SLEルール適合 C選べる弾道、スクリューポートウェイト
3種類の重さのスクリューポートウェイトで弾道、クラブ重量、バランスの調整が可能。
*ウェイト調整はKAMUIのみでの対応となります。
Dタメて弾く、BUTT4軸設計
BUTT側に4軸シートを採用し切り返し時のシャフトの挙動を安定させ、タメを作りインパクトに向けヘッドが加速。シャープな弾きと強いインパクトになり、オフスポットでも当たり負けしないインパクトを実現。
E振りやすいカウンターバランス設計
従来よりシャフトの重心位置を2%BUTT側に設定。
バランスはそのままにヘッド重量を重くしヘッド出力、完成モーメントもアップ。
また、カウンターバランスによりスイングの再現性を高め、ミート率もアップ。

ヘッド製法 フェース RNT866Ti(冷間鍛造)
ボディ  6AI−4VTi(真空精密鋳造)
ウェイト 1.5g 3.5g 7.5g
プラズマ溶接
ロフト 9° 10° 11° 12°
ライ 59.5° 60.5°
体積 455cc
長さ 45.5インチ
重量/バランス 295/D1 295/D1 293/D0 293/D0
SR 296/D1 296/D1 294/D0 294/D0
300/D2 300/D2 298/D1 298/D1
特注長さは最長46.5インチまで0.5インチ刻み ●12°は6月発売予定
シャフトスペック
硬度 重量 トルク 調子 適応ヘッドスピード
52g 4.7 先中 33〜42m/s
SR 53g 4.5 先中 37〜45m/s
55g 4.3 先中 40m/s〜
●グリップ/KAMUIニューディケイドラバー レッドキャップ 60口径 43g
●オリジナルヘッドカバー付き
※表示の仕様は、一部変更する場合がございますのでご了承下さい。
※商品の色は印刷工程上多少異なる場合がございます。
※カタログで表示の重量、バランスなどは設計値です。
※実測値と若干異なる場合がございますのでご了承下さい。

今回のカムイは大ヒットした320以来の好感触です。もともとカムイはストライクゾーンの広いクラブでしたがTP−03はそれプラス、シャフトのよさを感じます。

発売後、すぐに試打、購入されたほとんどの方がコースで使用し「飛ぶ!」と感想を頂いたことも迷い無くおすすめできる要因になっており、口コミで一気に私の練習場の方で火が付き現在納品をお待ち頂いている状態です。
カムイをよくご存知のゴルファーはまず、ソールを見て今までのデザインと全く違うことに気づいたと思います。ヘッド形状も455ccあるとは思えない構えやすさを多くの方が言われていました。今までは基本的にフェースアングルが+1度でそれをもとにオンデマンドでお客様の要望により-1度〜+2度までヘッドを選べましたが、今回からはストレートフェースが基本でソールにあるウェイトで掴まり具合を調整するという方式に変わりました。ウェイトはメーカー調整のみでお客様個人では変更できません。
手元4軸のカウンターバランス設計シャフトで45.5インチ以上でもとても振り軽く出来ています。シャフトの戻りも素直でクセがないので多くのゴルファーにフィットすると思います。SRとSの差が少し大きい感じですがシャフトのしなりを感じながら振りたい方はSR、しなりの少ない方が好きだという方はSという選び方でいいと思います。

あまりにもシャフトが好評だということでシャフト単体での販売も行っていくようです。

シャフトのコンセプトとしてはグラファイトデザインのツアーAD クワトロテックに近いですが、このシャフトはそれをよりやさしく扱いやすくしたような感じです。

手元を4軸にしているので振っているときの挙動が安定しており手元のしっかり感もクワトロテックほどではないのでダウンスイングでタメが出来ないゴルファーにも優しく扱えるようになっています。
発売してすぐに多くのゴルファーに使用して頂いておりますが、ウソのようにほとんどの方の飛距離を伸ばすことができました。大ヒットしたカムイ320以来の勢いを感じます。初速は高反発のように速く感じるのですが、その後は棒球なのでそれ程勢いがあるように感じないのですが先で伸びているのが目で見て分かります。

お客様の声で芯が広いというのが多いのですが、芯は一つで、当たれば「ボコ」に近い打球音なのですが外れると高反発なみに大きな金属的な打球音になります。しかし少々外れても飛距離の落ちがほとんどないのです。

購入された方皆さん飛距離が伸びたと言ってくれるのですが、それよりも「コンスタントに飛距離が出る」という声が心強いです。