JUSTICK

TOUR CONQUEST 460RV

(ツアー・コンクェスト 460R V)

DAT55鍛造チタンを、フェイスセンター&周辺肉厚変化加工を施し、レーザー溶接することで、
マイルドな打感と強烈な弾きを実現。
クラウン部は厚さ0.5ミリと極薄クラウンにすることで、余り重量を確保する事に成功。
ソール、トゥ&ヒール部にカートリッジウェイトを導入し低重心を確保し低スピン化に成功。

460ccのラージヘッドで可能な限り重心距離を短く、低く、重心角を大きく設計することを実現し
抜群のつかまりで強弾道を可能にしました。

更なる長尺化で最強の強弾道を体感して下さい。

フェースはややディープという程度で威圧感のあるものではありません。フェースの素材はDAT55チタンということですが適度な弾き感の中に
柔らかさがあり打感はなかなかいいです。
ヘッドサイズは460ccをオーソドックスにまとめ上げた感じで構えた時に大き過ぎると感じるものではありません。また、このヘッドサイズにしては
ボールのつかまりが適度によく大きなヘッドによくある気を抜いたときに出る右へのすっぽ抜けが出るような雰囲気はありません。

今回は試打にバサラG53を使用しました。このシャフトこのタイプのヘッドにはよくマッチしてクラブを振りやすく感じさせてくれます。
全体的に非常にやさしくなるように組み上げましたのでお客さまからの反応は上々でした。ヘッドは重量を190〜200gとオーダー可能ですので
とりあえず今回は45.5インチでちょうどいいものにしました。

最近のハードヒッター向けヘッドは練習ボールでは球は強いのですがドロップ気味に飛ぶので練習場でも気持ちよく打ちたい方には難しく感じて
ましたがこのヘッドは練習ボールでも打球感もいいしボールも楽に上がり飛んで行くので皆さん気持ちよく打てていました。

コース球でも試してみましたが初速が早く飛んでいるようです。ありきたりな言い方ですがやさしくボールを飛ばしたい方にはおすすめです。

クラブ選びに関してあまり知識やこだわりがない方には打って頂くと好評でした。素直にいいね、と言って頂けました。

ヘッドも癖がないようですのでシャフトのいいところを駄目にしてしまうようでもないですのでお気に入りのシャフトで組み上げればコースでやさしく
振れるドライバーになるのではないでしょうか。