FX BM-FW

材質 ALL MARAIGING
番手
#3
#3
#5
#7
#9
公差
ロフト/°
14
15
18
20
22
±0.5/°
ライ/°
58.0
58.5
59.0
59.5
60.0
±0.5/°
F/A (°)
-0.5
-0.5
-0.5
-0.5
-0.5
±0.2/°
H/重量
210
210
220
225
230
±1g
H/体積
180
180
160
140
120
cc
●Fujikura
Motore F1
Motore Speeder
ROMBAXシリーズ
ROMBAX HBシリーズ
●グラファイトデザイン
DI シリーズ
EV シリーズ
クワトロテックMDシリーズ
SFシリーズ(ショートウッド)
●Diamana
Diamanaイリマ、カイリ シリーズ
Diamana S、M、Dシリーズ
BASSARA F、H、Gシリーズ
FUBUKI FW
クワドラ
ファイヤーエクスプレスFW
インパクトFW
レッドゾーンFW
トリビュートFW
アスリートFW
● NGS
Mach Line pro FW
Mach Line FWシリーズ
Mach Line E FW
D REV FWシリーズ
クレイジー 
クレイジーブラック50
クレイジーブラックFW80
クレイジーロンゲストヤードFW
●マミヤOP
ATTAS
プロフォースV2
AXIV
RODDIO
S シリーズ
●MIYAZAKI
ブラック(氷)
ブルー(ミス)
シルバー(霧)
※上記の価格はすべて税込、送料込の価格になっております。※ヘッドカバー付いています。
■ご希望のシャフトでのお見積り・特価のお問い合わせはこちらからお願い致します。
ご注文もこちらより受け付けております。
※上記以外のシャフトも受け付けております。詳しくは上記のフォームでお問い合わせ下さい
ご不明な点はこちらのメールからお気軽にお問い合わせください。
ドライバーのFX BM−435が吹き上がらない強い弾道で飛んで行くので同じコンセプトのFWを試してみました。なるべく多くの方が打てるように
#5 ロフト18度をオーソドックスな動きをするフジクラ UTL フレックス:R(63gでしっかりめ)で組上げてみました。スペックは下記のとおりです。

長さ:42インチ バランス:D2 総重量:336g 振動数:260cpm
構えた時の顔はドライバー同様とてもいいですね。ヘッドサイズも大きくなく小さくもなくでちょうどいいのではないでしょうか。フェースもそれほど
厚みがないのでヘッド単体では威圧感は全くありません。
さて、実際の飛びはというとメーカーのホームページでも紹介されているとおり「向かい風にも負けない」と、ドライバー同様強そうな球筋です。今回
はボールを拾いやすいフジクラのUTLを使用したにも関わらずロフト18度の弾道よりもやや低めで飛んでいました。

少し掴みどころのないヘッドだったので結構多くの方にコース球で打って頂きました。弾道比較をしたところSYB FC−614 #3 15度よりも
若干弾道が高いくらいです。

ヘッドを見た感じ結構な高弾道で飛びそうですが前に飛んで行く不思議なヘッドです。これもドライバー同様ヘッドスピードが速いゴルファー程恩恵
を受けるでしょう。

打球音はヘッドが全身マレージン鋼なので独特の甲高い音がするかと思いましたが低くもなければ高くもない程良い感じです。

ヘッド自体に難しさはないのでシャフトさえ合わせれば幅広いゴルファーに使用できると思います。特にヘッドスピードの速いゴルファーには面白い
ヘッドなのではないでしょうか。