CRZ-435U

クレイジーとのコラボレーションヘッド

【HEADs SPEC】SLE適合

製法・材質 2.PCS式 BODY-6A-4V/USA + FACE-DAT55G/JAPAN
体積/cc 445
ロフト(°) 9.5〜12
ライ(°) 59.5〜60
F/A(°) +0.5〜-1
FACE角 21.5°
重心距離 33.5mm
重心深度 36.mm
重心高 35.mm
FACE高 56.mm
穴深さ 45.mm
表面処理 Blck IP
●Fujikura
Motore F1
Motore Speeder
ROMBAX シリーズ
●グラファイトデザイン
DI シリーズ
DJ シリーズ
クワトロテックMDシリーズ
9003
●Diamana
Diamana イリマ
Diamana アヒナ
Diamana シリーズ
FUBUKI
クワドラ
ファイヤーエクスプレス
ファイヤーエクスプレスプロト
QUADRA60
RED ZONE
● NGS
Mach Line proto Tour
Mach Line proto 7061
Mach Line proto 5350
D-REVシリーズ
クレイジー 
クレイジーブラック50
クレイジーブラック80
クレイジーロンゲストヤード01,02
クレイジーロンゲストヤードTJ-46
●マミヤOP
ATTAS
ATTAS T2,T3 
プロフォースV2
RODDIO
S シリーズ
M シリーズ
●MIYAZAKI
ブラック(氷)
ブルー(ミス)
シルバー(霧)
ご希望のシャフト、グリップでの価格は下記のお見積りフォームよりお問い合わせ下さい。
■ご希望のシャフトでのお見積り・特価のお問い合わせはこちらからお願い致します。
ご注文もこちらより受け付けております。
※上記以外のシャフトも受け付けております。詳しくはお見積りフォームでお問い合わせ下さい
ご不明な点はこちらのメールからお気軽にお問い合わせください。
 
シンプルで渋めのソールデザインです。このCRZ435Uはウェイトの刺さり方が今までのjBEAMのヘッドとは違います。

刺さっている方向だけ見ると後ろからヘッドを押してやろう、という雰囲気です。
構えた時の感じやフェースから見た形状はいかにもjBEAMらしいものです。ヒットモデルFX BM-435の流れを受けているのがこの写真で
よく分かるかと思います。
ヘッドがせっかくクレイジーとのコラボなのでとりあえずクレイジーを挿してみました。FX BM−435同様叩いていけそうなのでモデルはCB−50
です。
ヘッドはFX BM435同様強いボールが打てます。ロフトに対してのボールの上がりも同様にシビアで楽には上がりません。逆にCRZ435Uの方が
ブラックIP加工されている分だけ少しスピン量が少ない感じです。

ボールの掴まりに関してはFX BM-435については掴まり過ぎるという方も多かったのですが(ウェイト調整でほぼ解消できましたが)CRZ435Uは
その辺りが少し穏やかになっている感があります。それでも掴まるヘッドには違いありません。

メーカーの方もFX BM435から少し安定性を狙ったということです。重心深度もやや深くなっていますがそのためにボールが上がりやすくなること
を抑えるためにブラックIP加工にしてスピン量を減らしているということです。

打感に関してはFX TOUR425、FX BM445HG程ではありませんが柔らかい打感の中にも少しだけ金属音が混じります。
フェース素材はFX BM435と同じDAT55Gですので構造的なことからきていると思います。これはほとんど気にならない程度ですが。。

飛距離に関しては十分でよく飛びます。球筋もライナー系の強いものでボールが前に前に飛んでいきます。
FX BM435同様ロフト選びには注意しなければなりません。

今までのロフトが9度だったからといってこのヘッドで9度を選択すると場合によっては苦労することになるかもしれません。

ヘッドスピードがありボールが吹き上がる、スピン量が多いという方にはお勧めヘッドです。