George Spirits   
  REONESS RI-51 IRON  
  ジョージスピリッツ リオネス     
           
 
     打感・操作性のこだわりを凝縮した軟鉄鍛造アイアン   
・5型打ち鍛造製法
最終形に限りなく近い成型により、研磨量が少なくなるため、
形状のバラつきを抑えた高品質な打感が得られる。
 
・重心設計
短重心、低重心設計によりフェード系弾道 が打ちやすく、
コントロール性が高い重心 位置設計。
 
 
・打感
打点部分に厚みを持たせ軟鉄鍛造特有の 「芯」のある打感
のバックフェース。 
 
 
           
 
ヘッド素材 軟鉄(S20C)
ヘッド製法 精密鍛造(リオネスオリジナル金型)
番手 3 4 5 6 7 8 9 PW
ロフト角(度) 20 22.5 25.5 28.5 32 36 41 46
ライ角(度) 59 59.5 60 60.5 61 61.5 62 62.5
フェースプログレッション(mm) 3 3.2 3.5 4 4.5 5 5 5
バンス角(度) 0.25 0.5 1 1.5 2 2.5 3 3.5
   
 
           
 
番手 3 4 5 6 7 8 9 PW
重心距離(mm) 33.2 33.5 33.7 33.8 33.8 34 34 34
重心深度(mm) 3.5 3.4 3.2 3 3 2.8 2.4 2
重心高(mm) 17.5 17.7 18 18.1 18.1 18.1 18.2 17.5
重心角(度) 9 9 9.3 9.5 10.5 11 13 14
ソール幅 トウ(mm) 19.9 20.2 20.5 20.8 21.1 21.4 21.7 22
ソール幅 ヒール(mm) 16.9 17.2 17.5 17.8 18.1 18.4 18.7 19
ブレード厚(mm) 4.9 5.1 5.1 5.2 5.2 5.2 5.2 5.3
フェース厚(mm) 2.9 3.1 3.1 3.1 3.1 3.1 3.2 3.3
   
 
           
 
トゥルーテンパー
日本シャフト
SYB K’sシリーズ
ダイナミックゴールドCPT
ダイナミックゴールド
GS−95、85、75
N.S.PRO 950GH 
モーダスシリーズ
Zeros7、8
K's-4001 T120
K's-5001 T089
K's-6001 T100
RODDIO
グラファイトデザイン
ライフル
I-6,7,8,9,10
AD-85
AD-75
AD-65
プロジェクトX 
ライフル
KBS
クワドラ
島田スチール K’s
KBSツアー90
KBSツアー
Cテーパー95 
クワドラ502i
クワドラ652i
ファイヤーエクスプレスプロト
K’sツアーライト
K’s-7001
K’s-3001 105
フジクラ
MCI
アナライズ
MI−72
ATTAS
ATTAS アイアン
 
           
 
上記以外のシャフトも対応可能です。ご希望のシャフトでお問い合わせ下さい。
ご希望のシャフト、グリップでの価格は下記のお見積りフォームよりお問い合わせ下さい。
■ご希望のシャフトでのお見積り・特価のお問い合わせはこちらからお願い致します。
ご注文もこちらより受け付けております。
ご不明な点はこちらのメールからお気軽にお問い合わせください。
 
           
       
           
 
特注で写真左のサテンメッキ仕様もございます。但し、ヘッド単体の価格は同じですが#4〜Pの7ケセットで購入する必要が
あります。

バックフェース部はこれだけの肉厚があるので芯でボールを捉えると打感に厚みがあります。 
 
           
       
           
 
ですので打感はとても柔らかくスムーズにボールが抜けていく感じです。

ソールはそれなりに幅はありますがややフラット気味です。 
 
           
        
           
 
左から#5,7,9となります。 
 
           
 
初めて試打頂いたお客様の声で最も多いのは「なんかこれいいね。」というもの。細かくどこがどういいのかというのは分からない
けど打っていて気持ちいい感触があるようです。

今までの経験上、このような感想があるクラブはとても出来のいいものが多いです。

このヘッドはすごく開発費をかけて作られているのですが正直セミストロングの軟鉄アイアンは他メーカーでも沢山あり、大きな違
いをお客様が感じてくれるのは難しいのではと思っておりました。

なんかこれ打っていて気持ちいい、アバウトな感想ですが実はこれはとても大事なことなのです。

お客様からの感想と個人的に感じたものはインパクト時の打感が厚めでボールをつぶした感触が伝わってくることです
これが打っていて気持ちよく感じる要因の一つだと思います。

また、コースで実際に打つと弾道も高くロフト以上に飛んでくれるイメージで、メーカーの狙った通りきちんと打てた時はややフェード
系で飛んで行きます。

構えた感じもやや逃げ顔で左に飛んで行くイメージはありませんがネックはストレートではなくセミグースくらいでヘッドサイズもそれ
なりにありますので難しいヘッドという訳ではありません。

セミストロングロフトで距離も出てくれますし。

個人的に驚いたことの一つが打点が一定していることです。お客様に試打頂く時にはコース球で実際の高さも見て頂くのですが
試打クラブの打点もフェース中央下側1/3に集中しております。

気持ちよく打つために是非、自分仕様のスペックで合わせて頂きたいですね。