フォーティーン

TC-930 FORGED
低重心設計アスリート設計
ロングショットではスピンを抑え、ショートアイアンではスピンが利く現代のゴルフ
ボール特性に対応した低重心アスリート設計。効率の良いヒッティングポイントで
ボールをインパクトしやすく適正スピン量の安定した弾道をもたらし、卓越した
ショット安定性を発揮します。
最適重心距離設計
ヘッドスピードの速いゴルファー(43m/sec以上)がヘッドコントロールしやすく、
気持ちよくスウィングできる短すぎない適度な長さの最適重心距離を設定。
全番手にわたるつながりの良さ、構えやすさにこだわり、優れた操作性とともに高い
精度の安定したアイアンショットを実現します。
ヘッド形状
<フェース>
ネックからフェースにつながる“ポケット”にこだわり、つかまえて打てるイメージが出る
絶妙な形状としました。また、ストレートネックながら、ややオフセットを感じられ、構え
やすさとともにラインが出しやすく、安心して点を狙って打てるフェース形状です。

<仕上げ>
キャビティー部の仕上げに、これまで軟鉄鍛造では困難とされていた、光沢感のある
ミラー仕上げを、精度の高い精密鍛造により実現しました。
また、インパクトゾーンのブラスト部はパールがかった落ち着いたブラスト仕上げと
しました。キャディバッグに収まった時にも高い存在感を発揮します。
今回のTC-930と前作TC-910からの見た目の一番の違いはキャビティ内部にもミラーメッキが施されて高級感が出ていることでしょうか。
くぼんだ所にメッキするのは結構難しいのですがあえてメッキをしています。
(但し、価格が¥2,000/1本UPされてますが・・・)
ネックの長さ、ソール幅、フェース形状はそのままTC-910を継承しているようです。
写真左から#5、#7、TC-910との比較になります。TC-910よりも若干オフセットを強くしたと言われていたのですがミラーメッキのせいか
TC-930単体でみるとそれほど分からなかったのですがTC-910と比較すると若干オフセットが強くなったのが分かります。
(写真右端、#7I 左がTC-930、右がTC-910)
打った感じはTC-910同様ヘッドサイズの割にはやさしく感じ、ボールもよく上がってくれます。少しオフセットが強くなったので掴まり具合が
どうか不安でしたがTC-910とほぼ変わらない感じでとても扱いやすくなってます。

小ぶりのアイアンを使いたいけどあまり難しいのは・・・という方にお薦めヘッドです。