MT−28 V4
安定して優れたスピンを生み、どんな状況からでも正確なアプローチショットをもたらす、
プロの技が使える高機能ウエッジ。溝、フェース、ソール、ブレードの総合力で卓越した
スピン性能を発揮し、距離感の出しやすい高スピン&高操作性ウエッジです。
素材
(製法)
鍛造ニッケルクロムモリブデン鋼
(ニッケルクロムメッキ・サテン仕上げ)
  48/06 50/08 52/08 54/10 56/08 56/12 58/08 58/12 60/08
仕上げ メッキ
ロフト  48°  50°  52°  54°  56°  56°  58°  58°  60°
ライ 63°
バンス角  6°  8°  8°  10°  8°  12°  8°  12°  8°
  48/06 50/08 52/08 54/10 56/08 56/12 58/08 58/12 60/08
長さ 35.25inch 35inch
重さ DYNAMIC GOLD 468g 470g 470g 470g 475g 475g 475g 475g 475g
N.S.PRO 950GH 443g 445g 445g 445g 450g 450g 450g 450g 450g
バランス DYNAMIC GOLD D1.5 D2 D2 D2 D3 D3 D3 D3 D3
N.S.PRO 950GH D0.5 D1 D1 D1 D2 D2 D2 D2 D2
販売終了
ご購入はこちらからお願い致します。
現在即納可能スペックは下記の通りです。それ以外は1週間程度の納期となります。
ロフト バンス シャフト
52度 8度 ダイナミックゴールド
56度 12度 ダイナミックゴールド
56度 12度 N.S.PRO950GH
58度 12度 ダイナミックゴールド
※50度、54度、56度/08度、58度/08度に関してはご迷惑をお掛け致しますが来年1月末の納期になります。
  
フォーティーン MT−28シリーズもすでに4代目になりましたが初代モデルのような激スピンのアドバンテージがなくなった分を扱いやすさでさらに良くして行こう
としているのか分かりませんが見た目から少し柔らかいイメージの雰囲気が出ている今回のV4。
写真左がMT-28 V3 、右がV4となります。リーディングエッジからトウ側につながるラインとネックからの立ち上がりラインなどが微妙に変わっていますね。
構えた時はV3と大きな差を感じませんが開いた時の扱いやすさが向上しているように感じます。ヘッドの抜け方がやさしく柔らかいボールを打ちやすく感じます。
しっかり打った時のスピンの効きは相変わらずですが今回のV4は柔らかい転がしも打てるウェッジになっていると思います。

今回見た目ですぐ分かる違いはバックフェースの逆テーパーブレードでしょう。メーカーによると「新設計の『逆テーパー・ブレード』を採用。ヘッドの重量配置を上部
に適度に持たせる事でヒッティングポイントを一定にすることが難しい状況のライからでも、フェースの向きを一定に保ち、しっかりとボールを捕えてくれ、スピンを掛
けることが出来ます。優れたスピン性能により、距離感が出しやすく、安定したアプローチショットをもたらして くれます。また、構えたときに、トップブレードが厚く見え
ないようにトップ部を斜めにカットす ることでシャープなイメージをもたらしています。」とあります。説明通り構えた時には一切気になりません。
56度、DG仕様の基本総重量は475gでバランスD3と決して軽くはないのですが初代MT−28シリーズから共通しているのが振った時の軽快さです。

これはウェッジだけではなくフォーティーン全体のクラブに言えるのですが数字的にはハードに感じても振ると軽快に感じるのです。このV4も同じく短い距離のアプローチ
からフルショットまで変な重みを感じることなく気持ちよく打てます。

アイアンのシャフトがN.S.PRO950GH程度を使用しているゴルファーはこのままDGシャフトで問題ないと思います。アイアンシャフトが60g程度のカーボンを使用
されているゴルファーはN.S.PRO950GH使用を選択されるといいでしょう。

バンスがあるモデルはアベレージゴルファーにも使いやすいウェッジに仕上がってると思います。