AF-503  
       
 
  
製法 超精密鍛造製法
材料 本体:S20C丸棒(軟鉄)/フェース:高強度バネ鋼
仕上げ ニッケルクロムメッキ仕上げ
・ポケットに常識を変えるアスリート向けモデル。
・ポケット構造による深重心、高打ち出しにより飛距離性能の向上。
・トゥ、ヒールバランスをイメージさせるバックデザイン。
 
 
番手 #4 #5 #6 #7 #8 #9 PW AW
ロフト
(±0.5)
22 25 28 31 35 40 45 50
ライ
(±0.5)
60.5
61
61.5
62
62.5
63
63.5
63.5
重量
(+0、−2)
253
259.5
266.5
273.0
280.0
287.5
295.5
295.5
   
 
 
       
  販売終了   
       
     
       
 
 ヘッドサイズはやや大きめですがデザイン的にシャープに見えます。AF−502は中空構造でしたがAF−503は写真のようにポケット構造になります。
 
       
   
       
 
 ヘッドサイズ的にはAF−702ほど大きくはありませんがやや大きめですので難しさを感じることはないと思います。
ネックもそれほど長くなくソールも広めですのでボールが上がる雰囲気がありますね。
 
     
     
       
 
EPONのアイアンを使用しておられる方はよく分かるかと思いますが構えた時の顔つきはしっかりとエポン顔です。
ややグースでボールの掴まりのいいヘッドです。 
アベレージゴルファーにも上級者にも満足して使用できる位置づけのEPONの5番台 AF−503。

AF−501はロング、ミドルアイアンはポケットキャビティでショートは軟鉄キャビティのやや小ぶりで上級者も満足な仕上がりでしたが
アベレージ、初級者ゴルファーにはヘッドがやや小さく感じた方もおられました。

次にでたAF−502は中空構造にしてヘッドサイズもやや大きくなりロフトも#7以降のロフトを立ててやさしい方向に変化しました。
中空構造ということで少し見た目に大きく見えてロフトもたったということで私的にはAF−702との大きな差別化が難しくなってしまいま
した。

今回のAF−503はというと前2作のいいとこ取りのようなモデルに感じます。

ヘッドサイズ、ロフトはAF−502と変わらないのですがポケットキャビティに戻してデザイン的にシャープになりましたので小ぶりの軟鉄
鍛造モデルを使用している方が少しやさしいアイアンに。。といった時にお薦めできるヘッドになりました。

ヘッドの動きもシャープに振ってもモタッとした感じがなくしっかりとボールを捉えてくれます。ですのである程度コントロールも出来ます。
かといってヘッドの性能はしっかりと機能してくれます。

少々のミスヒットであればしっかりとボールと上げて運んでくれるのでここら辺でやさしさを感じますね。

お客様にも協力して頂いて試打した感じではボールは楽に上がってくれるヘッドのようです。打つ方によってはAF−702よりも上がる
方も。

しっかり捉えるとキャリーで大きく飛んでいました。

フェース素材はAF−702と同じバネ鋼ですが打球音はAF−702ほど軽い弾き音ではなく少しこもったような弾き音です。
打球音には好みが出てくるかと思いますがヘッド自体の性能はターゲットにぴったりのヘッドになったと思います。

大きいヘッドのアイアンは。。でもやさしいアイアンを使用したいというゴルファーにお薦めするヘッドです。