フォーティーン JC-406 ドライバー
最適スピン量で最大飛距離をもたらすアスリートゴルファー向け410cm³。
新設計"3ピース複合チタンヘッド構造"が飛距離と正確性を両立させる最適スピン量2100rpmをもたらし、さらに美しく卓越したそのフォルムはプレイヤーをショットに集中させます。SLEルール適合モデル。
素材/フェイス:鍛造SP−700チタン  クラウン:15−3−3-3チタン ボディ:6AI−4Vチタン *SLEルール適合モデル
MD−335sdカーボンシャフト  S(60g)・R(55g)
ロフト 9度 10.5度
ライ 59.5°
体積 410cm³
長さ 45inch
クラブ重さ S:304g R:302g
バランス S:D1 R:C9
¥71,400/本(税込) 本体価格¥68,000 ⇒特価¥60,600(税込、送料込)
シャフト硬さ
ロフト R S
9度
10.5度

■特注オーダーはこちらから
その他特注シャフトもオーダー受け付けております。こちらでご希望のシャフトを受付後、メーカーと相談しスペックを決定致します。決定後お客様にスペックをご連絡し納得して頂いた場合にご購入して頂くという流れになっております。納期は基本的にオーダー後2週間となっております。
■価格例 ランバックス、ディアマナシリーズ、ツアーAD PTシリーズ ¥84,000/本(税込)(本体価格¥80,000)
特価¥71,000(税込、送料込)
特注モデルはこちらからお問い合わせ、ご購入のご連絡お願い致します。
特注シャフトでオーダーを頂いた方のスペックをご紹介致します。
ロフト:9度   シャフト:ディアマナ S73(青マナ)             フレックス:S  バランス:D2  総重量:317g
ロフト:10.5度 シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD PT−6  フレックス:SR バランス:D1 総重量:308g
ロフト:9度   シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD PT−7   フレックス:S   バランス:D2  総重量:319g 
*長さはすべて45インチです。
*上記の例で分かるかと思いますが総重量が通常よりも5〜8g程度軽めに仕上がります。総重量でクラブを選択されているゴルファーはご相談後ご注文されて下さい。

相変わらずきれいな顔したドライバーを出してきます。そして今回のドライバーは打球音、打感が非常に良くなっているのが試打されたゴルファーから好評を頂いております。
今年はドライバーに力を入れているフォーティーン。それが結果に現れている感じがします。試打して頂いた感想も好感持てるものが多かったです。このドライバー発売前から多くのゴルファーに試打して頂き、シングルさんたちにコースに持って行ってもらってテストして頂きました。まず、JC−406について言えば「吹け上がらない」が共通した感想です。既にコースで使用されたお客さんからいろいろと詳しくお聞きしましたが、吹け上がらないのだけど低スピンの棒球で飛んでる感じとは違うとのこと。メーカーの狙い通り飛んでいる球に安定感がありそうな感じです。アゲインストでも前に前に進んで飛距離の落ちがひどくなかったとのことでした。
ロフト9度は練習場の球では7割の方が低〜中弾道でした。ロフト9度を使用するのはヘッドスピード43m/s以上、、もしくは普段から球が上がりやすいゴルファーにおすすめで、普段から球が上がりにくいゴルファーは10.5度の方が無難かと思います。
さて、このドライバーは総重量に気をつけなければいけません。通常上の写真のように60gのシャフトを挿すと総重量が308〜312g程度になるのですがJC406は305g前後になります。シャフトはしっかりしているので普段から300g前後のドライバーを使用しているゴルファーには問題ないのですがハードヒッターには物足りないかと思います。+約¥10,000でディアマナやツアーADシリーズが挿せるのでハードヒッターのゴルファーにはこちらをお勧め致します。総重量320g近く欲しいゴルファーには70g以上のシャフトを。このヘッドは構えたときにしっかり叩けそうな顔をしているので、ハードヒッターの方が気持ちよく叩いて飛ばせる出来になっていると思います。
トップへ戻る