PRELITY 
3-TITAN・3-PIECE構造採用 飛びの最適スピン設計
〔ヘッド構造の特徴〕
重心が高すぎると安定感はあるが、スピン量が多くなり飛距離は伸びにくく、逆に重心が低くなりすぎるとスピン不足になり易く安定感を欠くことになる。
コンセプトでは、最適重心高による飛びの最適スピン量を実現すべく、3ピース複合チタン構造/T.T.C構造(Three Piece Titan Composite)を採用。
クラウン部分には、強度に優れた15-3-3-3チタンを採用、0.5mmの極薄で余剰重量をソール周辺に配分し飛びの最適重心高を実現。フェース面には、鍛造SP-700、肉厚3.1mmがマイルド且つ力強い打球感を得られる。ボディーには、高精度な仕上がりの鋳造6Al-4Vを採用、構え易く、方向性を出しやすい形状を作り出す。
飛びの最適スピン量を目指した最適重心位置設計は、3-TITAN、3-PIECE構造が生み出す。
SLEルール適合ヘッド
*基本的なヘッド重量は195gになります。お客様のご希望により+5gまで重量調整できます。
ヘッドスペック
ロフト角
(±1)
ライ角
(±1)
フェース角
(±1)
重量
(gr)
GH-1
(mm)
GH-2
(mm)
重心距離
(mm)
重心
アングル
重心深度
(mm)
慣性モーメント
(gr・cm2)
体積
(ml)
9.5° 59.5° ±0° 195 31.0 21.0 36.1 18.2 34 3,905 415
11° 193 31.5 20.5 36.8
   

販売終了

   

TEN NINES Bb-01
吹け上がることなく、風にも強いシャフト設計は、Type-R380時に実証済み。手元剛性は、やや緩く自然なためを作りやすく、トップからの切り返し時にタイミングがとりやすい。また先端の戻りの速さが打ち手の持つスピードと融合して最大スピードを実現する。
専用シャフトTEN NINES Bb-01
重量
(gr)
トルク
(deg)
キックポイント
(%)
バランスポイント
(%)
Tip径
mm)
Butt径
(mm)
フレッス
66 3.5 43.5 52.7 8.5 15.3 R
67 3.5 42.9 52.6 8.5 15.3 S
69 3.4 42.8 52.9 8.5 15.3 X
ご希望のバランス、長さなどありましたら可能な範囲内で合わせます。購入ボタンを押した後、カート内の備考欄にご希望のスペックを記載されて下さい。

■TEN NINES GDB-55
55gタイプは、クラブ長45.5インチを採用、弾きの良さで飛びの打ち出し角を実現。最適スピン設計との融合で落ち際の伸びやかで緩やかな放物線を実現、最大飛距離をもたらす。
専用シャフトTEN NINES GDB-55
重量
(gr)
トルク
(deg)
キックポイント
(%)
バランスポイント
(%)
Tip径
(mm)
Butt径
(mm)
フレックス
55 4.8 40.8 53.4 8.5 15.2 R
56 4.8 40.8 53.4 8.5 15.2 S
ご希望のバランス、長さなどありましたら可能な範囲内で合わせます。購入ボタンを押した後、カート内の備考欄にご希望のスペックを記載されて下さい。

ヘッド体積は415ccですが形状が締まっているので390ccくらいに見えます。ヘッドは竹林氏のクラブらしくとても構えやすいクラブに仕上がっています。左端の写真でロフトが何度か分かるでしょうか。実は11度!完璧にリアルロフトなので9.5度と言われても分からないくらいの弾道で飛んで行きます。ヘッドにロフト表示がないので球が上がらないゴルファーは無理なく11度ヘッドを使用して下さい。正直、10度と言って試打して頂いてもまず分からないでしょうね。
純正シャフトのラインナップは2種類。前プレリティ380に使用されていたTEN NINES Bb-01に加え、50g台のTEN NINES GDB-55。ともにクセのない素直なシャフトです。Bb−01は手元がしなるのが分かるくらいの元調子で叩いても左に行きにくいシャフトです。GDB−55は手元がしっかりしているのでRフレックスでも叩けます。タイミングが合わせやすそうなシャフトでいいシャフトだな、と思わせる出来です。ヘッドスピード42m/sくらいまでは大丈夫なのではないでしょうか。

ヘッド構造、体積、弾道などほぼフォーティーン JCー406と同じなので簡単に比較したいと思います。JC−406のヘッド体積が410ccに対してP5が415ccなのですが構えたときにはP5の方が小ぶりに見えます(写真左。左:P5、右:JC)。フェース面もP5の方がディープで、バックフェースもP5の方がハイバックで強い球がでそうな雰囲気です。どちらも叩けば叩くほど強い球が出るドライバーですがP5の方が叩きに行きたくなる形状をしています。

ロフト9.5度 Bb−01はシャフトの違いもあると思いますがJC−406よりも左に行かないですね。球筋は406とそっくりで強い球筋で前に前に飛んで行きます。このヘッドに自分にフィットしたシャフトを挿せばかなり強い球が打てるのではないでしょうか。
早速、このクラブを私のショップに出入りしているH.C.0の方にコースで使用して頂きました。通常はツアーステージのX−DRIVE 405にランバックス7V05を使用しています。シャフトがランバックスよりも振った時に手元がしなる感じがするとのことでクラブに合わせて使用して頂きましたが狭いコースでOBなしで飛びもX−DRIVEに遜色ないとのことでした。最初のティーショットはアゲインストでしたが、前に前に飛んで行きランがかなり出るとのことでした。これはJC−406で多く頂いた感想と同じですね。また、1ラウンド通して左に行く気配がないとのこと。これはシャフトの影響もあるかと思います。シャフトを現在使用中のランバックスにすればまだ飛ぶだろうということで現在検討中です。ヘッドもX−DRIVE 405よりはやさしそうとのことでした。しかし、この方力があるのでシャフトがしなると言われましたが、JC−406にディアマS73:Sを使用している方はBb−01の方が硬く感じると言われましたがこれは若干調整すれば解決できそうな程度だと思います。このシャフトは振りにいってもシャフトの動きが穏やかなのでそれ程暴れる感じがありません。
次にロフト11度 DGB−55モデルですがこれはシャフトがいいな、という感じです。最近の柔らかめのRフレックス程度で振ってもよし、それ以上に振ってもちゃんとシャフトが付いてきてくれる許容範囲の広いシャフトです。ある程度、スイングできるゴルファーならそれ程違和感なく使用できるのではないでしょうか。ロフト11度のヘッドでも吹き上がることなく前にボールを飛ばしてくれるので、最近のロフト表示よりも寝たロフトの11度とは全く別物ですね。強い球の打てる11度だという印象です。