ロイヤルコレクション CV PRO FW 20°にNS950FWをリシャフト
今回のレポートは私自身のクラブになります。基本的に私はアイアンを#4からのセッティングにしているので新しく#3Iの飛距離に代わるものをしばらく探しておりました。最終的にロイコレのTdユーティーリティーの21°NS950シャフトにしようと思ったのですが,CV PRO 20°の方がヘッドが小ぶりで操作しやすそうだったのでこちらに決めました。で、アイアンはDG S200を使用している為、CV PROもアイアン感覚で使用したかったので軽量スチールのNS950FW Sフレックスを採用し,これにより重量が増え、シャフトも約1インチ短くなったことにより飛距離がそれなりに落ちるので20°を選びました。カーボンシャフトでしたら22°で良かったのですが。

スペックは下記の通りです。
シャフト:NS950FW  Sフレックス
長さ:40インチ(ノーマルは使用は41インチなので1インチ短くなってます。)
総重量:378g
バランス:D1 (少し軽めにしました。あまり重くすると振れない可能性があるので。)
グリップ:ツアーベルベットラバーM60 バックライン有り
振動数:276cpm

最初はタイミングの違いに戸惑いボールがつかまらずにいました。ややヘッドが軽く感じ手元が重たく感じたので(私の一番嫌いなバランスです。)ヘッドに鉛を貼って重さを感じれるようにするとタイミングが取りやすくなりました。しかしまだ慣れないので振りにいくとクラブが重たいせいかややダウンでクラブが寝て入ることがあります。なるべく力を抜いてクラブの重さで振りにいくとカーボン仕様よりも5〜10ヤード飛距離が落ちて丁度いい感じです。またショートウッド特有の振りにいったときの引っかかりぎみのドローボールも出ないので安心して振りぬけます。練習して慣れればいい武器になってくれると思います。(どうしても駄目なときは重量カーボンにリシャフト?)