ロイヤルコレクション SFD TYPE−Hにフジクラ スピーダー553 Rをリシャフト
今回はロイヤルコレクション SFD タイプHのフレックスSRからフジクラ スピーダー553のRにリシャフトした結果をレポートします。もともと使用されていた方が最近シャフトが若干軟らかく感じて、引っかかるとのことからリシャフトされました。引っかかるゴルファーになぜ553かと思う方もいるかと思います。リシャフトされた方は最近切り返しからやや力が入りインパクトが強くなる傾向があったので強制的に直したいとのことでした。553は叩きにいくと引っかかるしボールがドロップすることもありますから。最後まで振りぬいてやるイメージで点のインパクトからゾーンで振ってやるように変えていくと随分とよくなりました。球筋も随分と高かったのが若干抑えられライナー性になりました。このシャフトはうまく使ってやるとインパクトでシャフトが走り飛距離も伸びるのでなるべくシャフトに仕事をさせた方がいいのです。
クラブ仕様
シャフト長さ・・・45インチ 純正シャフトの45インチよりも半インチ短くしています。純正の長さは実質45.5インチですので。
バランス・・・D0 ノーマル状態からあまり振った感じを変えたくなかったので。打って頂きながら微調整をしてソールのフェース側に鉛を2g程度貼ると振り抜きがよくなりました。
総重量・・・301g  これもノーマル状態から大きく変えたくなかったので、グリップをツアーベルベットライトにして総重量、バランスを調整。ですから今回はシャフト先端に鉛などを入れずにそのままシャフトを組んで仕上げました。
振動数・・・259CPM   意外と高い数字でしょ。

今回は純正シャフトがSRだっただけにRを薦めると抵抗があったようですが、もともと純正シャフトが軟らかいことを説明し納得して頂きました。振動数で分かりますが(最近は昔ほど当てにはなりませんが)Rでも随分としっかりしています。また553は手元がしっかりしているので余計にしっかり感じるかもしれません。リシャフトして頂いた方もRでよかったと打った後に言われました。最近の純正シャフトは軟らかめに設定されているモデルが多いのでリシャフトされる時には気をつけてシャフトを選らばなければいけませね。