ジャパンゴルフフェア2009 シャフト編

 
まずはフジクラシャフト。ブースも新しいブランドMotore[モトーレ]を全面に出したものになってました。モトーレブランドは
「モトーレF1」、「モトーレスピーダー」の2種類で上の写真右はF1になります。

カラーリングもかなり派手で手元部にはF1という名前を使用しただけありスモークをあしらったデザインになっています。
 
モトーレF1はどちらかというとハードヒッター向けになりフレックスも硬めの設定になっているとのことです。インパクト時の
シャフトのブレを抑える新しい技術を採用しているとのこと。

次に写真右はモトーレスピーダー。こちらはどちらかというとスインガー向けになりスピーダーの3軸織物繊維にランバックス
で使用された操作性を補完する4軸織物をプラスして7軸シャフトとすごいことになっています。

 
次に日本シャフトですがN.S.PRO950GH HTが発売されます。これは最近多いハイローンチシリーズですね。高弾道で
攻められるというものです。

通常のNS950と比べると手元側を細めにして剛性を上げてしっかり感を出しているとのことでした。950よりもシャープ感
があるそうです。

KBSツアーシャフトが展示してありました。最近海外の選手も使用者が増えて話題になってますね。当店でも少しづつ
オーダーの数が増えています。年々出店数の減っているゴルフフェアで出してくるということはある程度出ているシャフト
なのでしょう。

去年は出ていなかったマミヤO.P.ですが今年はUST mamiyaとして戻って来ました。日本モデルのアクシブはフジクラ、
グラファイトデザイン、ミツビシなどと比べると影に隠れる存在になりつつあったので世界統一ブランドとして新しい[ATTAS]
で今年は行くようです。
手元にAXIVで採用された4軸を採用した叩き系シャフトとのことです。

さてこのように毎年新しいシャフトをメーカーの方に説明頂くのですが今年はさらに最近よく耳にするシャフトスパインのことについて
フジクラ、グラファイトデザイン、ミツビシ、日本シャフトの方に詳しくお伺い致しました。

まずフジクラの方からお聞きしました。カーボンのシートは何度もあらゆる方向から巻いて行くので背骨(スパイン)は発生しないと
いうことです。

センターフレックス計を使えばわずかな誤差は出るが90度方向をずらしたからといって飛距離が変わることはないしプロにもテスト
しているが結果は変わらないという説明でした。

それでは何を基準にしているかということですが、とりあえず振らしてみて縦ぶれが一番少ない方向で塗装しているということです。

次に日本シャフトの方に聞きましたが説明頂いたのはほとんどフジクラの方と同じものでした。いきなり「カーボンにはスパインは関係
ないですよ。」とのこと。それではスチールはというと「スチールに関してもほとんど出ません。人間が打って分かるものではないですね。」

ミツビシ エストリックスの方は「何か計測器もいっぱいあって流行っているみたいですね〜。(笑)」「基本的にスパインがあるという
前提にシャフトを作っていない。」と、こちらもスパイン信者には驚きの発言ですね。
シャフトのロゴを横向きにしても距離は変わらないし、逆に方向を変えて振動数が5〜7cpm、約1フレックスが変わるとルール違反に
なるそうです。

エストリックスも一番安定して縦に振れるところでマークしているそうです。

最後にグラファイトデザインですがまず「振動数管理はしていません。」というこで「グラファイトデザインの基準で合っているところで
マークしています。」とのこと。

基本的にシャフトスパインは関係ないという意見でこういうことも言われていました。
「最近のヘッドは大型化しており重心深度の深いものや重心距離の長いものがあるので一概にきれいに縦ブレしたものがいいとは限ら
ない。」

このようにいろいろ聞きましたが全体的には同じようなご説明でした。また、夜にフォーティーンの元シャフト担当の方と食事を一緒にさ
せて頂きましたが同じ様な話をしてくれました。

しかし、シャフトの方向をずらしてフレックスが変わるとルール違反になるとは知りませんでした。

とりあえず今まで試してみたことが間違っていなかったので安心致しました。