SYB EZ PIARMにフジクラ ROMBAX 7E06 #3I用シャフト フレックス:S
ランバックス アイアンシャフト 7E06の試打用クラブを打ったときからフィーリングの良さが気になっていたのですが、とうとう自分のイージーピアームに挿してしまいました。

製作前に70g台の7E06にするか90台の9E05にするか迷いましたが7E06を#6Iで製作した試打クラブが感じがよかったので7E06フレックス:Sを選択しました。使用したのは#3I用シャフト、ノーカットで長さが39.75インチになりました。

グラファイトデザイン UT−85仕様よりも若干短かくなったので構えやすくなりました。
別にUT−85仕様も悪くはなかったのですがROMABXの方がクラブの挙動を掴みやすいですね。ダウンスイング時にシャフトが暴れる感じがしないのでしっかりフィニッシュまで振り切れます。

ただ組んでみるとアイアンとは違いクラブがかなり振り軽くなってしまいました。おそらく9E05にしても良かったと思います。
しかし、今更新しく9E05を挿すのももったいないので少し手を加えることにしました。
振り軽さを解消する為にグリップ部にバランスの影響が出ないようにバランスダウンテープを3g程使用したところ手元がグッと重くなり振りやすくなりました。

現在バランスはD1ですがドライバー、アイアンと交互に振っていくとまだ若干軽さを感じるので場合によってはヘッドバランスを上げて、振ったときの重量感を上げてやる必要があると思います。

さて、6Iでお客様に試打して頂いたときから好評だったランバックスですがEZ PIARMにさしてもシャフトの素直さはそのままでした。ただ、ボールを叩きにいくとヘッドの重心距離が長いのでヘッドが開き気味になることがあります。

フィニッシュまで振り切ってやるとボールをしっかり打ちにいってもしっかりシャフトが付いてきてくれます。絶対にインパクトで合わせないほうがいいですね。

球筋は出球が低くなり、まるで#3Iのように鋭く頂点まで上がって行き、そこからス〜とボールが落ちていきます。#7Wと違いこれなら風の強い日でも心配なさそうです。
お客様にスピーダー707でオーダーを頂いたのでランバックスと打ち比べてみました。707は中元調子ということもありコントロールはしやすいようでボールを叩きにいってもそれ程暴れることはなかったです。ダイナミックゴールドをやさしくした感じですね。
出球も素直で楽にボールが上がりコースでやさしく使えそうでした。
ランバックスはというと上記に書いたとおりしっかりフィニッシュまで振り切るとシャフトの性能をしっかりと発揮するようです。スピーダー707よりも明らかにボールが鋭く飛んでいきます。試打して頂いた方もシャフトがボールを押す感じがするということでした。ヘッドスピード45〜50m/sくらいの方に試打して頂くとかなり鋭い球が飛んでいました。
インパクトで合わせないフィニッシュまでしっかり振り切れるゴルファーにはお奨めのクラブです。

ダイナミックゴールドなどの重量級シャフトをご使用の方には90g台の9E05、90〜100g台の中軽量シャフトをご使用の方は70g台の7E06もしくは90g台の9E05、楽に打ちたいかしっかり振りたいかで選択するといいかと思います。
カーボン、70〜90g台の軽量シャフトをご使用の方は70g台の7E06をおすすめします。
ただ、このシャフトフレックス表示よりもかなりしっかりしていますのでそれを考慮してシャフトを選択して下さい。個人的には飛距離もかなり出て鋭い球筋で飛んでいくお奨めの仕様だと思っています。
クラブスペック
ヘッド:SYB EZ PIARM 
ロフト:20度
シャフト:フジクラ ROMBAX 7E06
シャフトフレックス:S
グリップ重量:50g
クラブ総重量:363g
バランス:D1
クラブ長さ:39.75インチ
※ランバックス9E05での仕様参考はこちらから

イージーピアーム フジクラ ランバックス仕様の詳しいお問い合わせはこちらからお願い致します。
*急がれる方は必ず納期をお問い合わせ下さい。
販売価格 ¥26,000(税込、送料込) 純正ヘッドカバー付きます。
番手 シャフトフレックス
※グリップはツアーベルベットラバーになります。他のグリップご希望の方は買い物カゴ備考欄にご記入下さい。グリップによっては価格が若干変わることもありますのでご了承下さい。
EZ PIARMのページへ