NIKE サスクワッチ US仕様にディアマナD83(白マナ) フレックス:X
私は止めたのですがどうしてもということで製作致しました。ヘッドがUS仕様ということでサスクワッチで通常ヘッド重量が203g前後あります。これを普通に組むとバランスが出過ぎるのです。今回も45.25インチでバランスがD6とかなり重たくなります。ただ、シャフトがしっかりしていることもあり振ると数字ほど重たくありません。
ワッグルするとクラブの重量感と共にシャフトのしっかり感を感じます。まず、力がないと使えないスペックですね。今回依頼されたゴルファーはかなり大きな体格の方で力は随分とあるので使えないことはないと思いますが、まだゴルフを始めて数年でスイングを作っていく過程なのであまり振り回さないと飛ばないクラブはどうかと思ったのですが本人の強い希望もあったのでこれも経験の一つだということで使用して頂きます。詳しいスペックは下記の通りになっています。
ヘッド:NIKE サスクワッチ US仕様 9.5度
シャフト:ディアマナD83
フレックス:X
クラブ長さ:45,25インチ
ヘッドバランス:D6
振動数:271cpm
クラブ総重量:341g
グリップ:ツアーベルベットコードM60 バックラインなし(50g)

早速、依頼主に打って頂きましたがなんとドンピシャリ。左右のブレが随分と少なくなり前に前に飛んでいく強い球筋に変わりました。私が思っていた以上にパワーがある方でした。もともとインパクトが強めで力が入るとダウンスイングで振りすぎるので手元がしなってくれるこのシャフトだと切り返しに間が出来ていいようです。多くのゴルファーにディアマナDを挿しましたがしっかりフィッティングして組み上げれば皆さん満足した結果を得られています。Sシリーズは(青マナ)はどちらかというとミスを許さない許容範囲の幅が狭い上級者向けシャフトのイメージがありましたがDシリーズは(白マナ)は切り返しのタイミングの掴みやすいので打ち急ぐゴルファーには最適かと思います。