HiBORE HYBRID
高い安定性を発揮するユーティリティクラブ『HiBORE ハイブリッド』
最新のテクノロジーが生み出した「HiBORE」(ハイボア)特有のクラウン部をへこませたジオメトリー設計を採用。

スイートスポットをフェイス中央部に設定することで、飛距離、方向性において高い安定性を実現できるようになりました。
また、フェイスからソールにかけてエッジにゆるやかな丸みを持たせるようデザイン。

スムーズなヘッドの抜けを約束します。極薄クラウンを採用することで、ソールとその周辺部に重量を再配分。究極の易しさを実現しました。

■ハイボア ハイブリッド
ヘッド素材:17−4pHステンレス精密鋳造ボディ+高強度カスタム455 スチールフェイス(プラズマ溶接)
シャフト:グラファイトデザイン社製 HiBOREグラファイト ・ N.S.PRO950GH ・ ダイナミックゴールドSL
グリップ:HiBORE バフグリップ
番手 1i 2i 3i 4i 5i 6i
ロフト 16° 19° 22° 25° 28° 31°
ライ 59.0° 59.5° 60.0° 60.5° 61.0° 61.5°
ヘッド体積 104cc 107cc 109cc 111cc 112cc 113cc
長さ(インチ) 40.75 40.25 39.75 39.25 38.75 38.25
総重量 R=337g
S=340g
R=341g
S=344g
R=344g
S=347g
R=349g
S=352g
R=354g
S=357g
R=360g
S=363g
フレックス
スイングウェイト D1 D1
シャフト重量 51g 56g
トルク 4.6° 4.1°
キックポイント
*シャフトグラファイトデザイン社製 HiBOREグラファイト
 
今回のハイボア ハイブリッドはショップの方でかなり好評だった前作ランチャーユーティリティのいいところをそのまま受け継いでいるとても打ちやすいユーティリティに仕上がっています。

球は楽に拾え、強い高弾道で飛んで行きます。また、シャフトも短くヘッドも小ぶりなのでアイアン感覚で振れるのもこのクラブを選んで頂ける要因の一つです。クラウン部のつや消し処理が効いて構えた時にとてもしっくりしますね。インパクト音も‘バチッ’と気持ちよく、飛んだ気分にさせてくれます。

また、スピンがある程度かかって飛んで行くので球筋が落ち着いていて狙ったところでしっかりボールが止まってくれます。

試打して頂きシャフトをしっかり選んでおすすめするとほとんど皆さんコースでも好結果を得られています。ヘッド自体は使用するゴルファーを限定しないので数あるシャフトバリエーションの中からご自分に合うシャフトを選択されるといいかと思います。

純正シャフトに採用されているグラファイトデザインのカーボンシャフトは最近のシャフトに多いフニャフニャした感じがない素直なシャフトです。
試打して頂くお客様もシャフトについての不満は言われません。

需要してはやはりショートウッドやロングアイアンの代わりに使用されるので22°、25°が多いですし、年配のゴルファーは#4、5I、もしくは#6Iの代わりに使用されるので25°、28°、31°を選択されます。

やさしいクラブを使いこなす片山 晋吾 プロも選択したということならばクラブの基本性能はいいということでしょう。