アストロツアーVU

アストロツアーV2
LDA日本記録(415ヤード)使用クラブで知られ、多くの上級者・ドラコン選手
の方に好評のV460にバランス機能と更なる飛びの進化を加えた新ドライバー。
ヘッド素材 (フェイス) SP700チタン   (ボディ) 6AL-4Vチタン
ヘッド製法 鍛造  カップフェイス CNC精密加工
ヘッド体積 460cc
ヘッド重量 195g±
ロフト角 7°,8°,9°,10°,11°
ライ角 59.5°
販売終了
                                                                               
ヘッド体積は460ccですが前作のV460同様とてもコンパクトに見えます。2か所でウェイトを交換できるとありますがおそらく余程のことがない限り
ここをいじる必要はないかと思います。
構えた時の顔もともていいです。とても締まったヘッドですのでボールの掴まりはいい方です。フェースもディープですのでしっかりと叩いて行けそうな
雰囲気がありますね。
前作のアストロV460はコストパフォーマンスに優れヘッドの見た目とは違いやさしさも兼ね備えていたということで予想外に(失礼ですね。)
ヒットしたヘッドとなりました。飛距離性能もあったということで昨年の日本シニアなどではVS460とともにかなりの使用者がおられました。

いいところはそのままにマイナーチェンジされより完成度が高くなってます。

ヘッド自体に癖がなくシャフトは選ばないので好みのモデルで仕上げられるといいかと思います。

柔らかめの打感とボールの上がりやすさはそのままですが若干出球が低くなった感じで上にスーと伸びていく弾道になってます。
但し、弾道の頂点は同じくらいですので基本的にはボールの上がりやすいヘッドに仕上げられています。

ヘッドスピード40m/s前後の方で柔らかいシャフトをご使用されている方でもしっかりと答えてくれるヘッドですし、ハードヒッターの方が叩けるシャフト
で使用してもヘッドがしっかりとボールを捕まえてくれると思います。

今回もコストパフォーマンスに優れたストライクゾーンの広いヘッドに仕上がっています。

ちなみに店頭では何気なく組んだFUBUKI α60 S との組み合わせの試打クラブがお客様から大変好評です。